IBK投資証券「“BTS所属事務所”Big Hit、間接参加型売上プラットフォーム化に注目」=韓国

コメント

2020/09/25 16:46配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

韓国のIBK投資証券は10月、KOSPI市場に上場するアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が所属するBig Hitエンターテインメントについて「間接参加型売上のプラットフォーム化に注目しなければならない」とし、投資意見は「買収」、目標株価は24万ウォン(約2万1500円)と提示した。

 IBK投資証券のパク・ヨンヒ研究員は「Big HitはWeverse(公式ファンコミュニティ)を通じたオンラインコンサート、メンバーシップ運営、MD/グッズ販売を通じたファンダム経済学の追求を通じて、間接売上を極大化しようという計画をもっている」と分析した。

 また「ファンダム経済の総市場規模は7兆9000億ウォン(約7100億円)、一般消費者市場は7兆1800億ウォンと推定される」とし、「ライトファン市場は6000億ウォン、コアファン市場は970億ウォンで、昨年の間接参加型の売上が2680億ウォンである点を勘案すれば、大きな問題なく今後、間接参加型売上は2~3倍成長が可能だ」と話した。ただし同研究員は「プラットフォームグローバル化に対する反映が問題」と付け加えた。




コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら





wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.