全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「トレイン」1話、ユン・シユンが「平行世界」を開く

コメント

2020/07/12 09:36配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 ドラマ「トレイン」第1話でユン・シユンが「平行世界」を開いた。

 11日初放送されたOCNオリジナルドラマ「トレイン」(脚本パク・ガヨン/演出リュ・スンジン、イ・スンフン)では、殺人事件があった夜は、瞬間の選択で分かれた2つの世界が描かれた。大切な人を守るために連続殺人を追う刑事の「平行世界の謎」ドラマだ。

ユン・シユンは、若くして強力係のチーム長まで上ってきたソ・ドウォンの役を演じる。スペクタクルな60分をきっちりとリードした。

前作ドラマ「サイコパスダイアリー」とはまったく違う役を演じるユン・シユン。今回のドラマでは冷たいカリスマを吹き出す冷徹な姿が注目を浴びた。

財閥2世で暴行や強姦を犯すパク・テギョン(チャン・リュル)を捕まえるため、走ってくる車に突進したドウォン(ユン・シユン)は、無謀なほどの強烈に事件を解決していく。

この中、パク・テギョンとの緊張感あふれる車両アクションを熱演した。もみ合いでドウォンとテギョンは偶然、白骨の遺体を発見することになる。

12年前にムギョン駅の住宅殺人事件と同様の手口で殺害された遺体たち。昔の殺人事件の被害者であったハン・ソギョン(キョン・スジン)の父親を思い出したドウォンの神経を刺激した。

冷徹に事件を暴く彼は、前にハン・ソギョン継母の息子イ・ソンウク(チャ・ヨプ)が有力容疑者であることを知り、事件の解決に近づく。

ドウォンは再びムギョン駅を訪れ、ソギョンと再会する。父親を殺したのがイ・ソンウクだと確信しているソギョンと、その殺人者が自分の父親だと信じているドウォンの姿が描かれた。

その中、5番目の犠牲者が発生したことに気付いたドウォンはソギョンと分かれて、周辺を探索し始めた。新たな危険に直面することになる。

平行世界を予告した「トレイン」。まだA世界のユン・シユンしか写っていないが、冷たく冷徹な彼の姿にB世界のユン・シユンをより一層期待させた。

ドラマ始まりから最後までストーリを導き、ドラマをリードしたユン・シユンは圧倒的な存在感を示した。

1話の最後、ムギョン駅からイ・ソンウクから頭を打たれて倒れたドウォン。幽霊列車のように飛び出す列車を見つめる場面が描かれて、B世界を予告した。これから本格的に開かれるB世界の存在とユン・シユンの「1人2役」演技への期待感を集める中ドラマ「トレイン」。第2話は日曜夜10時30分、韓国でオンエアーされる。

最終更新:2020/07/12  19:43


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら





wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.