「慰安婦被害者ハルモニが死去…17人の生存者は未だに恨が残る人生を耐えている」=韓国与党

コメント

2020/05/26 21:02配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 99

全1枚

共に民主党は26日、日本軍慰安婦被害者支援施設であるキョンギ(京畿)道クァンジュ(廣州)市のナヌムの家に住んでいた日本軍慰安婦被害者のハルモニが死去したことに「苦痛だらけの人生を終え、永遠に安らかにお休みください」と述べた。

これに先立ち、正義記憶連帯はこの日、ナヌムの家に住んでいたハルモニの1人が26日に死去したと明らかにした。ただし、正義連は「ハルモニと遺族の意思に従って、すべての葬儀の過程は非公開とする」として、死去したハルモニが誰なのかは明らかにしなかった。

ソン・ガプソク共に民主党報道官はこの日、書面論評を通して「昨年に5名、今年だけで3名が私たちのそばを去った。高齢の生存者17名は、未だに恨が残る人生を耐えておられる」とこのように明らかにした。

続けて「日本政府の公式謝罪と法的賠償は、日本軍慰安婦被害者の正当な権利であり、不変の歴史的事実に基づく日本政府の明白な責任だ」と述べた。

また「共に民主党は、日本政府の公式謝罪と法的賠償、真相究明と関係者処罰、正しい歴史教育を改めて促す」とし「人権と正義の歴史が正されるよう最善を尽くす」と強調した。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら