<女子バスケ>仁川新韓銀行、新型コロナ感染拡大防止に500万ウォン寄付

コメント

2020/03/09 13:57配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

韓国女子プロバスケットボールチームの「仁川新韓銀行S-バーズ」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため寄付活動に参加した。

 新韓銀行は9日、選手とコーチングスタッフが500万ウォン(約45万円)を寄付したと明らかにした。

 同チーム選手団は、新韓金融グループが去る3日より新型コロナウイルス感染拡大により困難を強いられている国民らを助けるため4か月間で50億ウォン(約4億5000万円)を集めるキャンペーン「Hope Together」に賛同し、寄付活動に参加している。

 チームキャプテンを務めるイ・ギョンウンは「新型コロナウイルスにより突然正規リーグが中断するなど、選手たちも悔しい気持ちでいっぱいだが、Hope Togetherキャンペーンの知らせを聞き、参加することにした」とし、「現在の厳しい状況に、共に打ち勝っていきたい」と心境を明かした。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら