f(x)・Red Velvet・SHINeeジョンヒョン・EXO、米ビルボード「2010年代最高のK-POPアルバム25」選定

コメント

2019/12/20 00:33配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

SMエンターテインメント(以下SM)が、発表した5つのアルバムがアメリカビルボードで選定した「The25 Greatest K-POP Albums of the2010s:Staff List」に名前を挙げた。

ビルボードは17日(現地時間)、公式ホームページを通じて「2010年代最高のK-POPアルバム25」を発表し、「f(x)」、「SHINee」ジョンヒョン、「EXO」などのアルバムがランクインした。

ビルボードは、「f(x)」の正規2集「Pink Tape」について紹介し、「野心的、実験的なコレクションである。『Pink Tape』のようなアルバムが主流のポップでも芸術を発展させ、創造性の範囲を広げることができるということを証明した。このアルバムは、K-POPがしっかりアイデンティティを持った一つの音楽ジャンルであることを示している」と好評した。

また、「Red Velvet」正規2集「Perfect Velvet」については「Red Velvetは、これまでのアルバム全体が一貫性のあるポップスタイルを維持してきたが、このアルバムはその中でも最高のアルバムだ」と伝え、「SHINee」ジョンヒョンの初ソロアルバム「She is」は、「自信のあるR&Bを中心にエレクトロニックとパンクの要素が全体に表現されるアルバムで、それぞれのトラックは活気に満ちて変化に富んでいる」と紹介した。

加えて「SHINee」の正規6集アルバム「The Story of Light Epilogue」については、「おなじみのバラードジャンルの 『Our Page』から幻想的な『Good Evening』まで、SHINeeはアルバムを通して多彩な魅力をプレゼントし、驚くべき相乗効果を発揮する」と説明している。「EXO」の正規5集リパッケージアルバム「LOVE SHOT」については、「K-POPの世界ではEXOのようなアーティストは少数だ。正規5集タイトル曲 『Tempo』での爆発的なアカペラとリパッケージアルバムのタイトル曲『Love Shot』でさらに成熟した段階の音楽を披露した」と注目し、SMアーティストのグローバルパワーを再確認させた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら