≪韓国ドラマNOW≫「ドクター探偵」14話

コメント

2019/08/30 11:14配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 29日に放送されたSBSドラマ「ドクター探偵」14話では、UDCのスタッフは加湿器の殺菌剤によって呼吸器疾患者が出たというニュースに接する様子が描かれた。

 ジュンウン(パク・チニ)は一番優良な容疑者としてソングク(チェ・グァンイル)が介入したことを伝えた。

 ジュンウンはイルスン(パク・チヨン)にテヨン(イ・ギウ)がこれを助けてくれると言うと、ミンギ(ポン・テギュ)もテヨンと手を組もうと同意した。テヨンはジュンウンにUDCが放送で自ら言及すると言っていたのだ。

 テヨンが「コ・イルスン所長がレールを敷いてほしい。俺がいなかったら究明できなかったと言ってくれ」と言うと、ジュンウンは「自信あるの?あなたの家族がじっとしていないと思う」と心配した。テヨンは「だからマスコミをバックにつけるんだ。外部から力を引っ張ってこなければ、俺に力はない」と答え、ジュンウンは「分かった。もう一度取引をしよう」と受け入れた。

 作戦通りにイルスンがニュース番組に出演し、TLが危険の可能性を知りながら有害物質を販売したとし、内部告発者としてテヨンについて述べた。

 同じ時間、テヨンが記者会見を開いた。テヨンは「加湿器の殺菌剤に関してTLグループを代表し、お詫びする」とし、補償策と開発過程でおかしなことがあったとして責任を取ると明らかにした。続けて「TLケミカルの家宅捜索を公式に要請する」と言った。

 チェ会長(パク・グニョン)とソングクはこれをテレビで見ていた。

 ソングクはチェ会長に「安全だという確証なしに販売したのは間違いない。急がなければならなかった」とし、「問題なく解決するので、検察側を見てほしい」と言ってひざまずいた。

 ミン(リュ・ヒョンギョン)は「私の手で解決する」とし、「あのことに介入した人がみんな責任を取ればいい。誰か?それはモ・ソングクだ」と言った。チェ会長は「道具が剣となって刺される可能性がある」と答えた。ソングクは盗聴器で二人の会話を聞いていた。


コメント数ランキング コメント





動画:Doctor Detective EP14
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら