<男子テニス>クォン・スヌ、ウィンブルドン本戦進出=韓国人選手ではチョン・ヒョン以来4年ぶり

コメント

2019/06/28 15:20配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

韓国の男子テニス選手クォン・スヌ(21、世界ランキング126位)が、韓国選手としては4年ぶりにテニスのメジャー大会=ウィンブルドン本戦進出に成功した。

 クォン・スヌは去る27日(日本時間)、英国・ロンドンで開かれたウィンブルドン男子シングルス予選3回戦で、ダニエル・ブランズ(ドイツ、191位)を3-1(6-2 6-7 6-1 6-0)で下し、本戦に進んだ。

 クォン・スヌがメジャー大会本戦の舞台を踏むのは、2018年全豪オープン以降、2度目。また、韓国人選手がウィンブルドン本戦に進出したのは、2015年のチョン・ヒョン(156位)以来、4年ぶりとなる。

最終更新:2019/06/28  17:9


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら