“大麻容疑”ラッパー C Jamm&Vasco、KATIEのデビュー曲MVに出演していた=KATIE側「全量編集を議論中」

コメント

2018/06/01 11:53配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全2枚

“大麻容疑”のラッパーC JammとVascoが「K-POPスター4」優勝者KATIEのデビューミュージックビデオ(MV)に出演していた事実が遅れてわかった。KATIE側もデビューを控えて起こった予想だにしない事態に緊急会議をおこなっている。

 KATIEは来る6日、デビューを知らせる1stデジタルシングル「REMEMBER」を発表する。このMV撮影に最近、麻薬容疑で拘置所に収監されたC Jammと不拘束の状態で調査を受けているVascoが出演していたことがメディアの取材でわかった。

 C JammとVascoの麻薬法違反のニュースは先月28日に報道された。C JammとVascoは昨年末、KATIEのMV撮影をおこなったことがわかった。デビューまで10日も残っていない状況でこのようなニュースに接したKATIE側は現在、MVを公開するかどうかをめぐり、熟考を続けている。

 KATIE側はC JammとVascoの分量編集、MV全量廃棄、編集なしで予定通り公開など、多様な案をおいて議論中であることがわかった。

 KATIEは2014年「K-POPスター4」で優勝後、YGエンターテインメントに所属し、約3年間の練習生生活を続けた。その後彼女は最近、新生クリエイティブ・コレクティブAXISに移籍し、本格的なデビュー準備に突入、6月6日のデビュー日を公開して話題を集めた。

 しかしデビューコンテンツ公開直前の段階で、C JammとVascoの事態が発生し、KATIEのデビューにも支障が生じた。

 なお、KATIEは6月6日にデビューアルバム「LOG」の1stシングル「REMEMBER」を発表する。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら