全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「イ判サ判」29話

コメント

2018/01/10 23:37配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 10日に放送されたSBSドラマ「イ判サ判」29話では、ミョンヒ(キム・ヘスク)が15年の刑を宣告される様子が描かれた。

 ミョンヒは裁判で「家族ではなく判事としての私の名声のために殺人を犯した」と述べた。

 ウィヒョン(ヨン・ウジン)はミョンヒが自殺しようと警察をけしかけて毒薬を飲んだことを明かし、チョンジュ(パク・ウンビン)は「自分を断罪することを許すことはできない。服役しながら反省しなさい」と言った。ミョンヒは実刑15年の判決を下された。

 ミョンヒは正義の女神像をチョンジュに送り、チョンジュはミョンヒの面会に行って「どうして兄を殺せと言ったのか」と聞いた。ミョンヒは「私の分身であるあなたが私を裁判すれば、私の罪を認められそうだった。だけどあなたが真実に近づくほど怖くなった。あの時は私がどうかしていた」と大泣きした。

 ハンジュン(ドンハ)はジンミョン(イ・ドックァ)の面会に行った後、ウィヒョンの所へ行き、うちに泊まってと言った。ウィヒョンはハンジュンと一緒に寝た。ハンジュンは「明日旅立つ。しばらく離れていたい。チョンジュを頼む」と言った。ウィヒョンは「どうして俺に頼むんだ?」と聞くと、ハンジュンは「君がチョンジュを見る時の眼差しが、すごく愛情にあふれた眼差しだからだ」と答えた。


コメント数ランキング コメント





動画:SBS [イ判サ判] - 10日(水)予告
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら