全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「イ判サ判」27話

コメント

2018/01/04 23:39配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 4日に放送されたSBSドラマ「イ判サ判」27話では、ミョンヒ(キム・ヘスク)が拘束される様子が描かれた。

 ミョンヒはキョンホ(チ・スンヒョン)の納骨堂へチョンジュ(パク・ウンビン)と一緒に行った。ミョンヒはチョンジュに「チェ・ギョンホが犯人ではないことを知っていながら誤判をした」と言って、チョンジュを驚かせた。

 ミョンヒは家でジンミョン(イ・ドックァ)に「私がキム・ガヨンを殺した」と告白し、退勤中のハンジュン(ドンハ)もそれを聞いて驚いた。ハンジュンは「ありえない」と言って家を出た。ウィヒョン(ヨン・ウジン)はチョンジュの電話を受けて、チョンジュがいる飲み屋に行き、酒に酔ったチョンジュは倒れた。

 ウィヒョンはチョンジュを病院に連れて行った。病院ではショックで気を失ったと言われた。ウィヒョンは意識を取り戻したチョンジュを送り、ショックを受けたチョンジュを慰めた。ウィヒョンは家の前で待っているハンジュンを連れて家に入った。ハンジュンはミョンヒが真犯人だと知らせ、ウィヒョンはミョンヒが指示してキョンホを殺したことを明らかにした。

 ハンジュンはまたショックを受け、ウィヒョンはチョンジュにキョンホの死の背後にミョンヒがいたことを伝えた。一晩中泣いたチョンジュは翌日、裁判に遅れていった。ウィヒョンはチョンジュを心配し、チョンジュは「初めは有名な教授に裏切られたと思ってとてもつらかったが、今はどうしてそうだったのかとばかり思っている」と言った。

 数日後、ミョンヒは拘束されたが、弁護を引き受けたチョンド(チェ・ジンウ)の提案を断った。ミョンヒの裁判が開かれ、ミョンヒは自ら弁論した。ミョンヒは全ての罪を認め、自分に死刑を求刑した。

 最終弁論前に、ミョンヒは薬を飲んで自殺を試みた。


コメント数ランキング コメント





動画:SBS [イ判サ判] - 4日 (木) 予告
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら