「EXO」KRISとLUHAN、信じていた中国での活動に赤信号か?

コメント

2015/02/14 21:16配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

昨年、グループ「EXO」を離脱し、中国で独自に活動をしていたKRISとLUHANが、中国CCTVの人気番組「春節晩会」に出演する予定だったが、結局出演しないことになったと伝えられた。中国の代表的なチャンネルCCTVだったという点と、その中でも最高の人気を誇る番組での出来事だという点を考えると、単純なハプニングと見るには難しい。

 正確な理由は明かされていないが、いずれにしても二人を取り囲む韓国芸能プロダクション「SMエンタテインメント」(以下、SM)の影響が及んでいないとは言えなさそうである。

 中国に渡ればSMとの関係整理が難しくないと予想していたかもしれないが、KRISとLUHANの場合、同じくSMと紛争した「SUPER JUNIOR」のハンギョンとは違うものと分析されている。

 ハンギョンが中国に渡った2010年代の初めと、最近の動向が違うからだ。中韓のエンターテインメント業界がMOUなど多様な利害関係によって縛られ、お互いに対等の立場を狙う方向に出てきており、国内情緒を完全に無視できない雰囲気だという。SMを離れたハンギョンは、後からSMに感謝を伝えるなどといったアピールもそういった部分が考えられているようだ。

 もちろんKRISとLUHANは中国でいくつかの芸能活動をしながら、進路を模索しており、すぐに結論を出すのは難しい状況である。

 しかしSMの態度はあまりに強くなっているので、今後の動きに関心が高まっている。SMは最近、LUHANの独自の活動を問題とし、中国・上海の法廷に続いて香港の法廷でも提訴。これまで歌謡界の悩みの種とされてきた海外メンバーとの訴訟の難しさを克服しようと努力している。


コメント数ランキング コメント





動画:EXO_으르렁 (Growl)_Music Video (Korean ver.)
※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。



この記事が気に入ったら