”コリアンダービー”同い年対決を制したのはソン・フンミン

コメント

2014/12/18 09:28配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

韓国を代表する22歳の同い年、ソン・フンミン(バイエル・レバークーゼン)とキム・ジンス(TSG1899ホッフェンハイム )が、”コリアンダービー”で激突した。

 ソン・フンミンとキム・ジンスは18日深夜(日本時間)、ドイツ・ライン・ネッカー・アレーナで開かれた2014~15ドイツブンデスリーガ16ラウンドで対決。この試合結果、レバークーゼンが1-0で勝利し、ソン・フンミンに軍配が上がった。しかし、試合中のプレーでは2選手共、その実力を証明した。

 ソン・フンミン、キム・ジンス共に試合開始直後から軽やか、かつ意欲的な動きを見せた。

 結果的に、ソン・フンミンがチームの勝利で笑顔をみせることとなったが、22歳同士のコリアンダービーは、2選手共に満足のいくプレーを展開。その存在感を堂々とみせつけた。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら