全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

映画『チャクペ』 ベニス映画祭非コンペ部門の開幕作品に

コメント

2006/08/15 10:00配信
Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp

全1枚

リュ・スンワン監督の映画『チャクペ(The City of Violence)』が、第63回ベニス映画祭公式非コンペ部門“Midnight Section”開幕作品に選ばれた。韓国映画としては唯一、今年のベニス映画祭に招請された『チャクペ』は、来たる9月1日明け方12時30分(韓国時間)に初上映され、“Midnight Section”の開幕を飾る。他の映画たちに先立っての最もいいスケジュールといえる開幕作として選ばれたのには、『チャクペ』に対する映画祭の関心を証明している。これは映画祭を見に来た世界各国の映画人たちに最も効果的に広める機会になるはずだ。

今年のこのセクションには総17作品が招請された。選定作はケネス・ブラナー監督の『魔笛』、デヴィッド・リンチ監督の『インランド・エンパイア(原題)』、ジュリエット・ビノシュ、ニック・ノルティ主演の『Quelques jours en Septembre』、オリヴァー・ストーン監督の『World Trade Center』、そして黒澤清監督の『叫び』など、作品リストもとても豪華だ。

映画祭の期間中、毎日一編ずつ上映され、『チャクペ』公式上映日である1日には、リュ・スンワン、チョン・ドゥホン、イ・ボムスが参席し、ベニスの観客と共に映画を観覧する予定だ。



Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp

最終更新:2006/08/15  10:3


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら