全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

「KARA」ニコルがグループ残留の意志 契約分離案提示

コメント

2013/10/07 14:45配信
Copyright 2013(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

全1枚

韓国の5人組女性グループ、KARAのニコル(22)が所属事務所との専属契約が終了してもメンバーとしてグループに残りたいとの意志を明らかにした。

 ニコルは6日、自身のツイッター(短文投稿サイト)に「私はKARAのメンバーとして(活動を)始めたので、最後もKARAのメンバーとして終わりたい」と書き込んだ。その上で、「所属事務所との契約とメンバーとしての契約は分離してもいいのではないかと思う」とした。

 来年1月に契約が終了するニコルは再契約を望まないため、2年間の再契約を交わしたギュリ、ハラ、スンヨンとは違いグループ活動から離れる公算が大きい。ジヨンは来年4月で契約満了。芸能活動や学業など、進路について時間をかけて考えることにしたという。

 ニコルは今後について、目標に向かい自分の将来のために投資したいと、所属事務所と再契約しないことを決めた理由を説明した。

 今の段階ではニコルがグループに残る可能性は少ない。

 これまでにも「東方神起」や「SUPER JUNIOR」などのメンバーが所属事務所を離れる際に、グループから自然に脱退するという経緯を踏んでいる。

 業界関係者は、メンバーが事務所を移籍するとグループの管理やスケジュール調整などが難しくなり、ほかのメンバーから不満も出るためグループに残るのは難しいと説明した。

 ただ、「BROWN EYED GIRLS」のガインはほかのメンバーとは別の所属事務所に移籍したが、グループとして活動中だ。グループとしての仕事については、前所属事務所が管理している。 

最終更新:2013/10/07  14:46


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら