韓国映画

解語花の最新ニュース

解語花の作品紹介

<拡大>

解語花

1943年悲運の時代、歌手を夢見た最後の妓生(キーセン)の隠された話を描いた作品

  • ・原題:해어화
  • ・原題訳:解語花
  • ・邦題:愛を歌う花
  • ・監督:パク・フンシク
  • ・キャスト:ハン・ヒョジュ、ユ・ヨンソク、チョン・ウヒ、パク・ソンウン
  • ・公開日:2016年4月13日(韓国)2017年1月7日(日本)
  • ・ジャンル:ドラマ
  • ・観覧等級:15歳以上観覧可
  • ・上映時間:120分
  • ・関連リンク: ハン・ヒョジュ チョン・ウヒ ユ・ヨンソク
解語花の見どころ

韓国映画「解語花」は、1943年悲運の時代、歌手を夢見た最後の妓生(キーセン)の隠された話を描いた作品だ。「解語花」とは「話を理解する花」という意味で、妓生であり芸能人を称する言葉である。女優ハン・ヒョジュ、チョン・ウヒ、俳優ユ・ヨンソクが出演。ハン・ヒョジュが主人公の妓生(朝鮮において、諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露するために準備された女性のこと)役を演じ、細かい感情と深い内面を表現した。また、映画「人魚姫」、「ヒョプニョ:剣の記憶」、ドラマ「マイスウィートソウル」などを演出したパク・フンシク監督がメガホンをとった。邦題は「愛を歌う花」、2017年1月7日日本公開。


解語花のあらすじ

最後に残った京城一番の妓生学校「大成券番」。ずば抜けた美貌と卓越した唱法で最高の芸能人と呼ばれるソユル(ハン・ヒョジュ)と心を打つ声を持つヨニ(チョン・ウヒ)は先生サンウォル(チャン・ヨンナム)からの寵愛と同期たちの嫉妬を受ける無二の親友。
当代最高の作曲家であるユヌ(ユ・ヨンソク)は民衆の心に触れる「朝鮮の心」という歌を作曲しようとし、ユヌの歌を歌いたいソユルは芸能人でなく歌手を夢見ることになる。だが、ユヌは偶然に聴いたヨニの声に次第に陥り、ソユルとユニは「朝鮮の心」をかけて互いに交錯した選択をするに至るのだが…。


解語花の関連外部サイト

このページが役に立ったら