ファイ:怪物を飲み込んだ子の作品紹介

<拡大>

ファイ:怪物を飲み込んだ子

5人の犯罪者を“父親”にもつ少年ファイを中心に描く物語

  • ・原題:화이 : 괴물을 삼킨 아이
  • ・原題訳:ファイ:怪物を飲み込んだ子
  • ・邦題:ファイ 悪魔に育てられた少年
  • ・監督:チャン・ジュンファン
  • ・キャスト:キム・ユンソク、ヨ・ジング、チョ・ジンウン、チャン・ヒョンソン、パク・ヘジュン、キム・ソンギュン
  • ・公開日:2013年10月9日(韓国)2014年4月19日(日本)
  • ・ジャンル:アクション、スリラー
  • ・観覧等級:青少年観覧不可
  • ・上映時間:125分
  • ・関連リンク: ヨ・ジング チョ・ジヌン パク・ヘジュン
ファイ:怪物を飲み込んだ子のキャスト
ファイ:怪物を飲み込んだ子の見どころ

韓国映画「ファイ:怪物を飲み込んだ子」は5人の犯罪者を“父親”にもつ少年ファイと少年の人生を根こそぎ変えてしまった冷酷なボスの父親ソクテを中心に、15年間隠されてきた真実が解き明かされる瞬間、全てが変わっていくというストーリー。5人の犯罪者の父親はキム・ユンソク、チョ・ジンウン、チャン・ヒョンソン、キム・ソンギュン、パク・へジュンが演じた。少年ファイ役には、日本でも人気急上昇の若手俳優ヨ・ジングが挑んだ。また、デビュー作「地球を守れ! 」で、数々の映画祭で新人監督賞を受賞したチャン・ジュンファン監督の新作として話題を集めた。邦題は「ファイ 悪魔に育てられた少年」、2014年4月日本公開


ファイ:怪物を飲み込んだ子のあらすじ

5人の犯罪者を父親にもつ少年ファイ(ヨ・ジング)。冷酷なカリスマリーダーのソクテ(キム・ユンソク)、運転専門の口下手なギテ(チョ・ジンウン)、理性的設計者ジンソン(チャン・ヒョンソン)、銃器専門の狙撃手ボムス(パク・ヘジュン)、冷血な行動派ドンボム(キム・ソンギュン)まで。ファイは学校の代わりに5人の父親が持った技術を学び、人とは違った環境で育ったが、自身の過去を知らないまま過ごしてきた。しかし、ファイが父たちのように強くなってほしいと願うリーダー、ソクテはある日、犯罪現場にファイを連れて行き……。一発の銃声が鳴り響いたその日以降、隠されていた真実に向き合うことになったファイと彼を取り囲むすべてのものが変化し始める。


ファイ:怪物を飲み込んだ子の関連外部サイト

このページが役に立ったら




wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.




%>