広開土太王の作品紹介

<拡大>

広開土太王

4~5世紀にかけて高句麗の最盛期を築いた広開土大王の一代記

  • ・原題:광개토태왕
  • ・原題訳:広開土太王
  • ・邦題:広開土太王
  • ・演出:キム・ジョンソン
  • ・ジャンル:時代劇
  • ・キャスト:イ・テゴン、キム・スンス、オ・ジウン、イ・イネ、キム・ジョンファ
  • ・放送:KBS(2011)
  • ・放送日:2011/06/04~2012/04/29
  • ・関連リンク: イ・テゴン キム・スンス オ・ジウン キム・ジョンファ
広開土太王の見どころ

韓国ドラマ「広開土太王」は、4~5世紀にかけて高句麗の最盛期を築いた広開土大王の一代記。「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)」で青年期の淵蓋蘇文を演じたイ・テゴンが主人公の広開土太王を演じる。「朱蒙」のテソ役を好演したキム・スンスも主人公と対立するゴウン役で出演する。「1%の奇跡」や「銭の戦争」の女優キム・ジョンファは、主人公を想いながらもその気持ちを表すことができず、護衛武士として仕えるソルチ役を演じる。


広開土太王のあらすじ

高句麗の王の2番目の息子タムドク(イ・テゴン)は高句麗の平安のために辞任し、王子のぜいたくな生活の代わりに商人の道を選び、遼東城の一介の商人として生きて行く。一方、中原征服の野望を抱いた末裔の皇帝モ・ヨンス(キム・ドンヒョン)は高句麗の征伐を決心する。モ・ヨンスは息子のモ・ヨンボ(イム・ホ)を先発隊15万の大軍の先鋒将と決め、高句麗の西部方要衝の地、遼東城を攻撃することにする。商人として偽装し、情報を伝えてくれた息子ゴウン(キム・スンス)の活躍のおかげで、国相ケ・ヨンスはモ・ヨンスが別に出征するという事実に気付き、遼東城の君主ゴム大将軍に北側の道から迎撃を指示するが、タムドクはこれが嘘の情報なのではないかと疑い、独自に内密に行動を開始するが…。


広開土太王の関連外部サイト

※公式サイト等、既に終了している場合がございます。予めご了承ください。

このページが役に立ったら