韓国映画

きみはペットの最新ニュース

きみはペットの作品紹介

<拡大>

きみはペット

キム・ハヌル&チャン・グンソク主演!日本漫画原作のラブコメ

  • ・原題:너는 펫
  • ・原題訳:きみはペット
  • ・邦題:きみはペット
  • ・監督:キム・ビョンゴン
  • ・キャスト:キム・ハヌル、チャン・グンソク、チョン・ユミ、カン・ハヌル
  • ・公開日:2011年11月10日(韓国)2012年1月21日(日本)
  • ・ジャンル:ロマンス、コメディ
  • ・観覧等級:12歳以上観覧可
  • ・上映時間:110分
  • ・関連リンク: キム・ハヌル チャン・グンソク チョン・ユミ
きみはペットの見どころ

韓国映画「きみはペット」は小川彌生による日本の漫画を原作としたラブコメディー。日本では2003年に、小雪、松本潤(嵐)でテレビドラマ化(TBS)され、人気を博した。韓国版映画では“韓流スター”としても大人気のチャン・グンソクと、韓国の実力派女優キム・ハヌルが主演を務め、公開前から韓国国内のみならず、日本をはじめとする海外からも注目を浴びる。


きみはペットのあらすじ

高学歴、高収入に美しい容姿。“満杯になった”年齢と気が強い性格を除いては、何一つ劣るものがないプラチナム・ミス、ウニ(ウンイ/キム・ハヌル)。うまくいっていた国際部記者からファッション誌のエディターとしての発令が出てしまう。とても優秀な女は負担になるとして、恋人にまで避けられるウニは爆発寸前だ。ある日、やつれたウニの前に、可哀相な姿で箱に入れられたイノ(インホ/チャン・グンソク)が現れた。迷った子犬が安息所に辿りついたかのごとく、イノはウンイの忠実なペット「モモ」になると告げ、手のほどこしようのない愛嬌を振りまいてくる。どんなことがあっても、飼い主の電話は必ず取り、疲れて帰ってくれば嬉しそうに迎えに出て、宅配の受け取りまでを担う、完ぺきなペット「モモ」。飼い主とペットの関係になり幸せな同居生活を送っていた2人だったが…。


きみはペットの関連外部サイト

このページが役に立ったら