サニー(SUNNY)の作品紹介

<拡大>

サニー(SUNNY)

「スピード・スキャンダル」監督が手掛けた2011年春のヒット映画

サニー(SUNNY)の見どころ

韓国映画「サニー」は、ヒット映画「スピード・スキャンダル」のカン・ヒョンチョル監督作品。80年代の光り輝いて眩しい学生時代を過ごした仲良し7人組の少女たちが、25年後に大切な友情を探す過程を愉快に描く。人気ドラマ「朱蒙(チュモン)」でヨミウル役を演じたチン・ヒギョンや「ローズマリー」のユ・ホジュンなどが出演する。邦題は「サニー 永遠の仲間たち」。


サニー(SUNNY)のあらすじ

全羅道の田舎からの転校生ナミ(シム・ウンギョン)は緊張すると出る方言のせいで、初日から不良たちにからかわれる。この時ちょっと変わった友達が幼いナミを助けてくれる。ナミを助けた彼女らはしつこくて、義理堅いチュンファ(カン・ソラ)、二重まぶたに命をかけたチャンミ(キム・ミニョン)、悪口バトルの代表選手ジンヒ(パク・チンジュ)、怪力の文学少女クムオク(ナム・ボラ)、ミスコリアを夢見る四次元のボクヒ(キム・ボミ)そして、高慢な氷の姫スジ(ミン・ヒョリン)。ナミは彼女たちの新しいメンバーとなり、競争グループ「少女時代」とのぶつかり合いの対決で、おばあさんから伝授された方言の悪口の能力をみせ、危機状況を免れる大活躍を見せる。7人の仲良しの友達はいつまでも共にしようという誓いとして「サニー」を結成し、学園祭で披露する公演を野心満々で準備するのだが…。それから25年後、上手くいく夫ときれいな娘に恵まれたナミ(ユ・ホジョン)の人生は何か2%足りない。ある日、チュンファ(チン・ヒギョン)とでくわしたナミは、再会の喜びを分かち合い、「サニー」のメンバーらを探しに出ることを決心する。


サニー(SUNNY)の関連外部サイト

このページが役に立ったら