韓国映画

ラブストーリーの最新ニュース

韓国映画「ラブストーリー」作品紹介

<拡大>

ラブストーリー

現在と30年前を行き来しながら語られる母娘の切ないラブストーリー

  • ・原題:클래식
  • ・原題訳:クラシック
  • ・邦題:ラブストーリー
  • ・監督:クァク・ジェヨン
  • ・キャスト:ソン・イェジン、チョ・スンウ、チョ・インソン
  • ・公開日:2003年1月30日(韓国)
  • ・ジャンル:ラブロマンス
  • ・観覧等級:12歳以上観覧可
  • ・上映時間:129分
  • ・関連リンク: ソン・イェジン チョ・インソン チョ・スンウ イ・ギウ キム・ジョンテ
韓国映画「ラブストーリー」見どころ

韓国映画『ラブストーリー』の原題は『クラシック』。映画『猟奇的な彼女』に続き、韓国で大ヒットを記録したクァク・ジェヨン監督の作品であり、映画の中の印象に残るシーンではクラシックの名曲を使うなど、細かな演出が美しい。また、ソン・イェジン、チョ・スンウ、チョ・インソンといった韓国を代表するスターたちの熱演も光る。それぞれの時代の恋人たちが、すれ違いを繰り返しながら心を通わせていき、ラストの“奇跡”を生むというストーリーに多くの観客が涙を流した。


韓国映画「ラブストーリー」あらすじ

同じ大学に通うジヘ(ソン・イェジン)とスギョン(イ・サンイン)の好きな人は、演劇部の先輩であるサンミン(チョ・インソン)。しかし大げさなスギョンは、友達ジヘにサンミンに伝えるラブレターの代筆を頼むようになって、ジヘは仕方なくスギョンの名前で自分の心をサンミンに告白する。ジヘは自分が書いたラブレターでスギョンとサンミンが結ばれるのを見守って切なく思うが、偶然にもサンミンとしきりに出くわすようになる。そんなある日、ジヘは屋根裏部屋で偶然に自分のお母さんのチュヒ(ソン・イェジン-一人二役)の秘密箱を見つけて、自分の愛とあまりにも似ているお母さんのクラシックな愛を知るのだが・・・。


韓国映画「ラブストーリー」関連外部サイト

このページが役に立ったら