韓国映画

殺人の追憶の最新ニュース

韓国映画「殺人の追憶」作品紹介

<拡大>

殺人の追憶

80年代韓国を舞台にしたノンフィクションミステリー

  • ・原題:살인의추억(殺人の追憶)
  • ・邦題:殺人の追憶
  • ・ジャンル: サスペンス・ミステリー
  • ・監督:ポン・ジュノ
  • ・キャスト:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・ロェハ、ソン・ジェホ
  • ・公開日:2003年4月25日(韓国)2004年3月27日(日本)
  • ・観覧等級:15歳以上観覧可
  • ・上映時間:127分
  • ・関連リンク: ソン・ガンホ キム・サンギョン チョン・ミソン
韓国映画「殺人の追憶」見どころ

ポン・ジュノ監督の代表作「殺人の追憶」は、1986年から6年間で10人もの女性が犠牲となり、韓国中を震撼させた連続殺人事件。180万人の警察官が動員され、3000人以上の容疑者が取調べを受けても、犯人は捕まっていない謎の事件だ。この『殺人の追憶』は、実際に起こった未解決事件を背景に、捜査に携わった男たちの心理をリアルに描いた傑作サスペンス。80年代の韓国をリアルに描写し、社会の矛盾と弊害を余すところなく描き出している。主演は『JSA』『グエムル~漢江の怪物~』の韓国を代表する俳優ソン・ガンホ。ソン・ガンホ演じる無骨な田舎の刑事トゥマンとキム・サンギョン演じるソウルの都会的な刑事との格差も面白い。


韓国映画「殺人の追憶」あらすじ

1986年、ソウル近郊の農村で手足を縛られた若い女性の無残な死体が発見された。どうやら強姦された上殺されたらしい。2ヶ月後、同様の事件が連続して起こり、周囲は騒然となる。特別捜査本部の刑事トゥマン(ソン・ガンホ)は、ソウルから派遣されてきた刑事テユン(キム・サンギョン)とぶつかり合いながら、捜査を続けていく。やがてトゥマンらは有力な容疑者ヒョンギュ(パク・ヘイル)を捕まえるものの、証拠不十分でヒョンギュを拘束できず、DNA鑑定の結果を待つことに。


韓国映画「殺人の追憶」関連外部サイト

このページが役に立ったら