シン・ウンギョンのプロフィール

<拡大>

シン・ウンギョン

“マクチャンドラマ”からアクション、ロマンス、時代劇に至るまで幅広いジャンルで活躍して演技力の高い女優。

シン・ウンギョンの代表作

【ドラマ】
『欲望の扉』(87/KBS)、『愛の喜び』(88/KBS)、『パチョンム』(90/KBS)、『泥棒の妻』(91/KBS)、『昔の芝生』(91/KBS)、『黒い自画像』(92/KBS)、『パイロット』(93/MBC)、『ファイナル・ジャンプ』(94/MBC)、『総合病院』(94/MBC)、『女』(95/MBC)、『塩鯖』(96/MBC)、『風の歌』(96/MBC)、『波』(99/SBS)、『不良カップル』(07/SBS)、『母さんに角が生えた』(08/KBS)、『白い嘘』(08/MBC)、『欲望の炎』(10/MBC)、『それでもあなた』(12/SBS)、『スキャンダル:非常に衝撃的で不道徳な事件』(13/MBC)、『君の隣の妻』(13/JTBC)、『家族の秘密』(14/tvN)、『ああ、私の幽霊さま』(15/tvN)、『村-アチアラの秘密』(15/SBS)、『皇后の品格』(18/SBS)、『ペントハウス』(20/SBS)、『ペントハウス2』(21/SBS)

【映画】
『九老アリラン』(89)、『愛は今から始まりだ』(91)、『自転車に乗ってきた恋人』(92)、『雨は愛にのって』(94)、『若い男』(94)、『娼』(97)、『ミステリー・オブ・ザ・キューブ』(99)、『リング』(99)、『うずまき』(00)、『総合病院The Movie』(00)、『花嫁はギャングスタ―』(01)、『ジャスティス~これが法だ~』()、『恋する婚活プランナー』(02)、『SSU』(03)、『ザ・ブライド 花嫁はギャングスタ―2』(03)、『ミスター主婦クイズ王』(05)、『6月の日記』(05)、『二人の女』(10)、『設計』(14)、『柴胡』(20)

シン・ウンギョンの略歴

韓国女優シン・ウンギョンは、“マクチャンドラマ”からアクション、ロマンス、時代劇に至るまで幅広いジャンルで活躍して演技力の高い女優。数々の騒動などがあったが、その度に復帰作で見せる迫力のある演技力が大衆に認められてきた。

シン・ウンギョンの最近活動・エピソード

・2003年9月22日、当時の所属事務所プレーヤーエンターテインメントの代表キム・ジョンス氏と結婚。
・2004年7月26日、第一子男児を出産。
・2007年8月24日、キム・ジョンス氏と離婚。


このページが役に立ったら