キム・ガンウの最新ニュース

キム・ガンウのプロフィール

<拡大>

キム・ガンウ

映画『食客』がヒット!映画界注目の演技派俳優

キム・ガンウの代表作

【ドラマ】
『我が家』(01/MBC)、『僕は走る』(03/MBC)、『三葉のクローバー』(05/SBS)、『男の物語』(09/KBS)、『ゴールデンクロス』(14/KBS2)、『グッバイ・ミスターブラック』(16/MBC)、『サークル ~繋がった二つの世界~』(tvN/17)
【映画】
『コースト ガード』(02)、『シルミド』(03)、『春が来れば』(04)、『台風太陽』(05)、『野獣と美女』(05)、『京義線』(07)、『食客』(07)、『仮面』(07)、『マリンボーイ』(09)、『五感図』(09)、『無籍者』(10)、『カネの味』(12)、『サイコメトリー』(13)、『カート』(14)、『奸臣』(15)、『明日の記憶』(21)、『鬼門』(21)

キム・ガンウの略歴

韓国俳優キム・ガンウは、2001年SBSの単発ドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』の端役で俳優デビュー。その後SHINHWA(シンファ)のエリックのドラマデビュー作でもある『僕は走る』で、何事にもひたむきな主人公ムチョルを熱演し、認知度を広めた。どちらかと言うと、ドラマよりも映画での活躍が光っているキム・ガンウは、2002年映画『コースト ガード』や韓国歴代のヒット映画『シルミド』、チェ・ミンシクと共演した『春が来れば』などの助演演技で韓国映画界の期待の俳優として着実に成長した。2007年、人気漫画原作の『食客』で主演を務め、300万人の動員観客動員を記録し一躍“興行俳優”として名乗りを上げた。


このページが役に立ったら