パク・ウネの最新ニュース

パク・ウネのプロフィール

<拡大>

パク・ウネ

独学で日本語を学ぶ“努力の女優”

パク・ウネの代表作

【ドラマ】
『目で話します』(01/MBC)、『毎日君と』(02/MBC)、『宮廷女官チャングムの誓い』(03/MBC)、『島村の先生』(04/SBS)、『花火』(06/MBC)、『イ・サン』(08/MBC)、『ピンクのリップスティック』(10/MBC)、『2人の女の部屋』(13/SBS)、『ハイバイ、ママ!』(20/tvN)、『復讐しろ』(20/TV CHOSUN)、『恋慕』(21/KBS)、『還魂』(22/tvN)


【映画】
『天士夢』(00)、『ふたつの恋と砂時計』(05)、『2月29日~ある日突然1番目』(06)、『アバンチュールはパリで』(08

パク・ウネの略歴

韓国女優パク・ウネは1998年に映画『チャン』でチャン・ヒョクの彼女役で鮮烈なデビューを飾ると、その後、歌手チョ・ソンモと一緒に出演したスピード011のCMで認知度を上げていった。そして2003年に放送された『チャングムの誓い』の人気によって、海外での活躍も期待されており、パク・ウネは独学で日本語を学んでいるという。

パク・ウネの最近活動・エピソード

・2011年8月、双子の男の子を出産。
・2018年9月、事業家のキム・ハンソプ氏との離婚を電撃発表。


このページが役に立ったら