コ・ヒョンジョンの最新ニュース

コ・ヒョンジョンのプロフィール

<拡大>

コ・ヒョンジョン

全盛期にSHINSEGEオーナー夫人に、10年もの空白期間を経てカムバックしたヒロイン

コ・ヒョンジョンの代表作


【ドラマ】
『なつめの木に愛がかかったな』(90/KBS)、『恐れない愛』(92/SBS)、『ママの海』(93/MBC)、『お別れ』(94/SBS)、『砂時計』(95/SBS)、『春の日』(05/SBS)、『キツネちゃん、何してるの』(06/MBC)、『ヒット』(07/MBC)、『善徳女王』(09/MBC)、『大物』(10/SBS)、『女王の教室』(13/MBC)、『町の弁護士チョ・ドゥルホ2:罪と罰』(KBS/19)、『あなたに似た人』(21/JTBC)


【映画】
『ミスGO』(12)

コ・ヒョンジョンの略歴

韓国女優コ・ヒョンジョンは90年にドラマ『なつめの木に愛がかかったな』でデビューし、その後95年のドラマ『砂時計』にヒロインとして出演した後、突然テレビから姿を消した。人気絶頂期の出来事だったため多くの関心を集め、さらにその空白期に韓国の代表的な財閥、新世界百貨店の副社長と結婚するも8年後には破局となり、さらに大きな話題となった。
そして空白期間から10年後の05年ドラマ『春の日』でブラウン管にカムバックしたコ・ヒョンジョンは、空白の時間を感じさせない演技と作品で、多くのファンを魅了している。


このページが役に立ったら