ソル・ギョングの最新ニュース

ソル・ギョングのプロフィール

<拡大>

ソル・ギョング

天性の演技力で誰からも尊敬される名俳優

ソル・ギョングの代表作


【映画】
『つぼみ』(96)、『ラブ・ストーリー』(96)、『ディナーの後に』(98)、『ユリョン』(99)、『ペパーミント・キャンディー』(99)、『燃ゆる月』(00)、『僕にも妻がいたらいいのにな』(01)、『公共の敵』(02)、『オアシス』(02)、『シルミド』(03)、『力道山』(04)、『公共の敵2』(05)、『愛を逃す』(06)、『熱血男児』(06)、『あいつの声』(07)、『海雲台』(09)、『解決士』(10)、『タワー』(12)、『監視者たち』(13)、『スパイ』(13)、『願い』(13)、『ルシッドドリーム』(17)、『キングメーカー』(22)、『君の親の顔が見てみたい』(22)

ソル・ギョングの略歴

ソル・ギョングは演出の勉強をするため大学に入り、演出をするためには俳優のことも知るべきだという意味で舞台にも出演していた。そこである先輩の目に止まり、演技をするようになった。そして映画『ペパーミント・キャンディー』に出演し、韓国を代表する俳優へと成長を遂げる。日本でも『ユリョン』『シルミド』や『力道山』などを通じ知られるようになり、大物俳優というイメージが定着した。また2001年にはNHKドラマ『聖徳太子』に出演し、日本語での演技にも挑戦している。2009年5月、女優ソン・ユナと結婚


このページが役に立ったら