ナム・ギュリの最新ニュース

ナム・ギュリのプロフィール

<拡大>

ナム・ギュリ

ソロとして新境地を確立した人気アーティスト

ナム・ギュリの代表曲

【音楽】
2008年『深い夜を飛んで』『男子』、2010年『私に来る自転車』(Feat.Oneway)、2012年『その男』、2014年『Moon River』

【ドラマ】
『人生は美しい』(10/SBS)、『49日(私の期限は49日)』(11/SBS)、『海雲台の恋人たち』(12/JTBC)、『ハートレスシティ ~無情都市~』(13/JTBC)、『エナ、ご飯を食べよう』(17/NAVER TV)、『私の後ろにテリウス』(18/MBC)、『赤い月青い太陽』(18/MBC)、『イモン』(19/MBC)、『カイロス』(20/MBC)、『ドラマステージ2021~ザ・フェア』(21/tvN)

【映画】
『コ死:血の中間試験』(08)、『新村ゾンビ漫画』(14)、『デジャヴ』(18)、『嫉妬の歴史』(19)

ナム・ギュリの略歴

韓国歌手ナム・ギュリは、<See Ya(シーヤ)>のメンバーとして2006年にデビューを果たすが、2年後の2008年7月、映画出演の決定をきっかけにソロへと転向した。ソロデビュー後は、歌と演技の両方で活動の幅を広げたいと宣言。<See Ya>での活動時代には、公演中に衣装が脱げ、上半身が露出してしまうというハプニングに見舞われた。



このページが役に立ったら