全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁

2021/06/17 17:50入力


新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁(画像提供:wowkorea)

新しい映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」(www.jaiho.jp)が2021年6月21日(月)より開始。

そして6/21(月)よりJAIHO独占配信となる日本初上陸の韓国映画『小公女』(『Microhabitat(原題)』)の予告編と本国ポスタービジュアルを解禁した。

本作は、第22回釜山国際映画祭で拍手喝采の大きな反響を呼び、第43回ソウル独立映画祭では観客賞を受賞するなど映画ファンから愛された1本。主演のミソを演じるのは、7/9(金)に日本公開となる映画『サムジンカンパニー1995』にも出演し、同作で第41回青龍映画賞・助演女優賞に輝いたイ・ソム。監督は、本作が長編監督デビューとなった女性監督チョン・ゴウンが務め、家がなくても自由に生きる一人の女性の物語を繊細に描く。キム・ボラ監督『はちどり』やユン・ガウン監督『わたしたち』など、近年日本でも注目を集める女性監督による韓国インディーズの潮流とは切り離せない重要な傑作が、いよいよ日本上陸!

主人公ミソは、一日に一杯のウイスキーとタバコ、そして愛する彼氏がいるだけで幸せ。しかし、家事代行をしながら生計を立てるミソはある問題に直面する。新年になると家賃が上がるだけでなく、タバコとウイスキーの価格まで値上げされてしまうのだ。生活の為に、何かを諦めざるを得なくなったミソは、“家”を諦めることに。住む場所が無くても、自分なりの生き方や価値観を大切にしながら、自由に好きなものを楽しむミソの都市での一日が、今日も始まるー。

予告編では、ミソの日当45,000ウォンが、ウイスキー代、タバコ代、デート代、家賃などによって消費される様子や、家を諦めたミソが知り合いを転々と訪ねて生活する様子が描かれている。ラストの「私は旅をしているの」というミソの言葉は、家がなくても好きなものに囲まれて自分らしく生活する彼女をよく表現している。悲劇でも喜劇でもない、主人公ミソの等身大の生き様を愛らしく演じる主演イ・ソムの魅力も爆発!数々の受賞歴が証明するよう、観客の心に寄り添う一本になること間違いなし!



<作品概要>

韓国/106分/2017年

監督: チョン・ゴウン「ペルソナ -仮面の下の素顔-」エピソード3「キスバーン」

出演: イ・ソム『サムジンカンパニー1995』、アン・ジェホン『操作された都市』

<受賞歴>

2019 第6回 春川映画祭(本選コンペ-大賞)

第6回 野花映画賞(劇映画監督賞、主演女優賞)

2018 第19回 釜山映画評論家協会賞(女性演技者賞)

第39回 青龍映画賞(新人監督賞)

第38回 韓国映画評論家協会賞(新人監督賞)

第55回 大鐘賞 映画祭(シナリオ賞、新人監督賞)

第27回 釜日映画賞(新人監督賞)

第22回 ファンタジア映画祭(AQCC賞)

第17回 ニューヨークアジア映画祭 (タイガー・アンケージド最優秀長編映画賞)

第16回 フィレンツェ韓国映画祭(審査委員賞:インディペンデント)

2017 第43回 ソウル独立映画(観客賞)

第22回 釜山国際映画祭(CGVアートハウス賞)



●「JAIHO」とは

「万歳!」、「勝利あれ!」という意味のヒンディー語をもとにしており、その言葉の力強い響きを“すべての映画を称える、悦びと感動の合言葉”としてサービス名に冠しました。JAIHO最大の特色は、厳選された映画を365日、毎日1本配信し、常に30作品が視聴可能であること。そして、映画のエキスパートたちが選び抜いた世界中の多様な作品のラインナップ。アルゴリズムでは見つけられない、あなたのための映画がここにあります。JAIHOは月額770円(税込)、初回加入のみ2週間無料でお楽しみいただけます。