Wコラム インタビュー

【イベントレポ】シン・ヘソン(SHINHWA)、変わらぬ美声でファンを魅了の「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 2019」開催

コメント

2020/01/07 12:52配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

韓国グループ「SHINHWA(神話)」のシン・ヘソンが、約2年ぶりに韓国でリリースしたソロアルバム「Setlist」を引っ提げて、「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 2019」を、12月7日(土)に東京・山野ホールで開催した。

淡いピンク色のジャケット姿でステージに登場したシン・ヘソン。ファンの大きな声援に出迎えられ、ソロアルバム「Setlist」に収録されている「PROPOSE」を早速披露。心地よいメロディとヘソンの甘い歌声で、会場は一気にうっとりした雰囲気に。「みなさん、こんばんは。シン・ヘソンです。本当にお久しぶりですよね。会いたかったですよね。僕も本当に会いたかったです」と、久しぶりに日本のファンに会えたことを喜んだ。

2019年も残すところあと1か月となり、ファンのみんながどんな曲を聴いて1年を過ごしたのか気になって用意したというコーナー「2019 Music Year’s Journey ―Four Season Song―」では、事前にファンから募った、春夏秋冬それぞれのテーマに合ったシン・ヘソンの曲をランキング形式で発表。ファンが投票した曲に関するエピソードも一緒に紹介し、その曲のワンフレーズを歌ってくれるというサービス精神旺盛なシン・ヘソンにファンも大喜び。
夏の“雨が続く梅雨の時期に気分をあげてくれる曲”では、ランキング発表に入る前に「雨の話が出ましたが、僕は本当に雨男ですよね(笑)今日も久しぶりに日本に来たのによりによって雨でしたね(笑)」と、自身の雨男っぷりを嘆き、ファンを笑わせた。

夏の4位にランクインした「銀河」を歌い終わると、「本当にみなさんと一緒に銀河を見ているような気分になりましたね。今回のイベントのために日本のアルバムを聴き直したんですが、改めて日本のアルバムは雰囲気いいですよね。当時、日本語を勉強したり、運動したり、ボーカルレッスンしたことも思い出しました」と、昔に思いを馳せていた。

2016年にソロデビュー10周年を記念してリリースしたアルバム「delight」のタイトル曲「ロコドラマ」では、椅子から立ち上がってダンスも披露。ファンの掛け声もバッチリと決まり、「幸せな気分です! 」と笑顔があふれるシン・ヘソン。

「今の季節にもピッタリなので聞いてください」と、曲紹介して歌ったのは最新アルバム「Setlist」のタイトル曲「You Are」。ホガク、「god」、ファン・チヨル、「Apink」などのアルバム制作に携わったプロデューサーチームの「OneTop」が制作に参加し、シン・ヘソンの繊細な歌声の魅力を最大限に引き出す楽曲に仕上がっている。ステージ後方から照らされた白い光の中で歌うシン・ヘソンは、幻想的で神々しい雰囲気を醸し出していた。
続いて披露した「同じ考え」は、バラード歌手として彼自身の存在を世に知らしめた大事なソロデビュー曲。「今の歌手シン・ヘソンを作ってくれた意味のある曲です」と、感慨深げに話していた。

ここからはMCを迎え、トークコーナーへ。ファンからのQ&Aコーナーで、「お気に入りのPVと撮り直したいPVは? 」という質問をされると「えー! 僕のPVだから全部気に入ってるのにー! 」と、茶目っ気たっぷりに答える姿にファンも大笑い。「気に入っているのは、やはり日本に来ましたので『どうして電話したの? 』ですかね。札幌のすごく雪が積もっているところで女性を抱きかかえて歩く撮影をしたのですが、あまりにも大変で死ぬかと思いました(笑)」と、笑いながら当時の過酷な撮影を振り返った。

「撮り直したいのは…『初めての人』です。今だったらもっと上手に撮れると思います。その時は情熱的に演技に燃えていたんです(笑)」と、思わず思い出し笑いしてしまうシン・ヘソン。実際に会場のスクリーンにPVが流れると、驚きながらも「どうしてこんな撮り方をしたんだろう(笑)」と、ファンと一緒にPVを懐かしんだ。

次のコーナー「ウィッシュリスト 99秒で突破せよ」では、けん玉・羽子板・だるま落とし・輪投げ・箱の中身はなんだろな? の5つのミッションを99秒以内にクリアすると、シン・ヘソンが願い事を叶えてくれる夢のような企画を用意。馴染みのない日本の伝統的な遊びにも関わらず、見事99秒以内に全ミッションをクリアし、4つのウィッシュリストを叶えてくれることに。韓国で放送されたバラエティ番組「神話放送」内で披露したバレエダンス、2倍速ダンス、ラップ、ヌナ(=お姉さん)ファンへの愛の告白、すべて全力で応えたシン・ヘソンに会場は大きな笑いと拍手で包まれた。

「今日は本当に幸せでした。みなさんと遊ぶような時間を過ごせてよかったです。これからはもっと日本に来たいと思います。(日本語で)『みなさん、今日楽しかったですか。僕も本当に楽しかったでーす! 』最後にかっこいいことを言わなければいけないのですが、今日は僕の茶目っ気が爆発してしまいました。でもそれぐらい幸せで楽しかったということなので好意的に受け止めてくださいね(笑)」と、子どものような無邪気な笑顔であいさつした。

最後は、コンサートでは定番のナンバー「星をつかむ」で会場を盛り上げ、最後までファンと過ごす時間を楽しんだ。シンヘソンコールが鳴りやまない中、「今日は本当に楽しくて幸せでした。今日来てくださった全員の方に心から感謝しています。今は雨が止んだと聞いたので、気を付けて帰ってくださいね。気分がいいので、最大限できる限り早くまた戻ってきます! 」と、ファンと約束してステージを後にした。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.