Wコラム インタビュー

【会見レポ】ユナク(SUPERNOVA)がプロデュースのグローバルアイドル育成プロジェクト「G-EGG」会見に21人のG-EGG生が登壇!

コメント

2019/11/27 11:29配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

「SUPERNOVA」リーダーのユナクとY-crewがプロデューサーとして指揮をとる、日本発! NEWプロジェクトグローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」がついに始動。11月23日(土)、LINE CUBE SHIBUYAにてShowcaseと会見が行われ、21人の“G-EGG生”がお披露目された。

 【画像】グローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」会見

【動画】SUPERNOVAユナクがプロデュース!「G-EGG」会見に21人のG-EGG生が登壇!

本プロジェクトは、ユナク自身が選び抜いた日韓のG-EGG生たちが、さまざまなミッションに挑戦し、視聴者投票と審査員たちの評価を経て、2020年春に日韓合同ボーイズグループとしてデビューを目指す、グローバルアイドル育成プロジェクト。彼らがお互いに切磋琢磨しながら、デビューするまで追いかけるリアル成長ストーリーとして、TV放送も決定している。

 Showcaseに先駆けて行われた会見には、プロデューサーのユナクと共に21人のG-EGG生が登壇。韓国のサバイバルオーディション番組「PRODUCE X 101」の参加者、すでに日本や韓国でタレントや俳優・アーティストとして活動経験のある者、紅白歌合戦にも出場した有名アーティストのダンサーを務めた経歴を持つ人気実力ともにトップレベルのダンサー、有名雑誌のコンテストで入賞した現役アイドルなどが参加を表明し、すでに話題を集めていることから、多くの報道陣が集まり、注目の高さがうかがえた。

 「こんなにたくさん来てくれるとは思いませんでした」と驚いたユナクは、「G-EGGというプロジェクトは、グローバルアイドルを作る日韓合同プロジェクトです。韓国と日本で才能があり、情熱がある方たちを集めて、グローバル的な存在、卵を作ってみようと思っています。世界的に日本の文化と、韓国の文化、K-POPとかが愛されているじゃないですか。これが一つになったら、もっと倍になるんじゃないかなと、今回のプロジェクトがスタートしました」といきさつを説明した。

 続いて、21人が一人ずつ自己紹介。1人目は「B.I.G」でラップ担当のヒド。得意のラップで自己紹介をした後、「Showcaseのために、韓国で曲を作りました。これから何でもできる万能エンターテイナーの姿をお見せします。よろしくお願いします」と自己PRし、強いインパクトを残した。

 ダンサーの三浦史也は「きょうのために、僕も含め、皆さんも一生懸命頑張ってきて、これからさらに、皆で同じ目標を持って頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します」、「PRODUCE X 101」にも参加していた実力者パク・ユンソルは「知っている人は知っていると思いますが、“というわけや”の男・ユンソルです。皆さんもかなり期待していると思うんですけど、その期待に応えられる舞台を作っていきたいと思います」、高校2年生のダンサー、武井冬威は「きょうはたくさんの方々に僕のダンスを見ていただけるということができて、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。感謝の気持ちを込めて、精一杯踊らさせていただきます」と意気込んだ。

 「そばにいたいよ 君のためにできることが僕にあるかな~」と「ひまわりの約束」をアカペラで歌い、「いつもそばにいたいゴンミンです。きょうは自分で作ったパフォーマンスを準備しました。よろしくお願いします」と自己紹介したゴンミン(B.I.G)に続き、「PRODUCE X 101」にも参加していたカン・ヒョンスは「きょうはパワフルな踊りを準備しました。いま、本当にドキドキしていますが、皆さんに応援してもらえると頑張れる気がします。ありがとうございます。応援よろしくお願いします」、シヒョク(Apeace)も「G-EGGというプロジェクトに参加することができて、本当に光栄です。きょう、ステキなパフォーマンスを用意していますので、楽しみにしてください。よろしくお願いします」とShowcaseへの期待をもたせた。

 ボーカルの工藤翔平は「きょうは歌だけなんですけど、難しい曲を持ってきたので、チャレンジ精神で頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」、ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ(JBアナザーズ)の長橋秀行は「この企画を通して、自分自身の殻を破って、誰よりも笑顔を届けられるようなエンターテイナーになりたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と伝えた。

 ヨンウク(Apeace)は「僕の魅力はしゃべるときとステージの上のギャップだと思っています。あだ名は“キラキラ”です。ステージの上で一番輝く存在になりたいです。よろしくお願いします」、テフン(元CODE-V)は「普段は作曲と作詞をやっていて、きょう皆さんに披露する曲も自分で編曲をして、準備したので、ぜひ一緒に楽しんでいただけたらなと思いますし、これからも引き続き応援よろしくお願いします」、G-EGG生の最年長となるウォンシク(Apeace)は「きょうは、年は数字にすぎないということを皆さんに知ってもらうために、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と並々ならぬ覚悟を示した。

 「PRODUCE 101 Season2」や「MIXNINE」にも参加したパクハは「一生懸命準備してきたので応援してください。僕はセクシーな魅力があると思いますが、その魅力をShowcaseでお見せ致します。ありがとうございます」、ダンサーのアッキーこと高田晃宏は「このパフォーマンスで、アーティストだったり、アイドルだったりしたら、少し珍しいのかなっていうジャンルを披露しますのでお楽しみに。お願いします」、ダンサーの桝谷昂洸は「世界的に愛されるアーティストになれるように頑張ります。きょうは最高のパフォーマンスを皆さんにお届けします。よろしくお願いします」とそれぞれ自分の魅力をアピール。

 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ(JBアナザーズ)の米丸日向は「今回のプロジェクトで、何事にも屈しない精神を貫いて精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします」、「LUCENTE」メインボーカルのコゴンは「僕たちを見に来てくれて本当に感謝しています。きょう皆さんに歌を届けるために、一生懸命準備しました。応援してください。ありがとうございます」、ウォンシクと共に、G-EGG生最年長となる「MASC」リーダーのウスは「ここに来てくださって誠にありがとうございます。僕が一番お兄さんだと思いますが、一生懸命頑張ります。応援してください。ありがとうございます」、脱サラし、夢を持って沖縄から上京してきたという崎濱秀哉は「今回のオーディションに全力で取り組んで、いい魅力を見せられるように頑張りたいと思います。きょうはつたない韓国語なんですけど、韓国語の曲を歌わせていただきます。気持ちを込めて歌うので、聴いていただけたらうれしいです。よろしくお願いします」と語った。

 フリースタイルのラップを披露したヒドに負けじと、即興ラップを披露した西川拓毅に続き、最後はラップが得意な石坂太一が「このオーディションが決まってから、皆さんと一緒に楽しめるように1曲作ってきました。皆さんと一緒に盛り上がれるように努力してきたので、一緒に盛り上がってください。よろしくお願いします」と自己紹介し、21人があいさつを終えた。

 個性豊かな21人が集まったが、G-EGG生を選んだ基準について、ユナクは「やっぱり、最初は人間だからフィーリングですよね。それから、僕は実力も才能も大事だと思っているんですけど、その人が持っている人格、性格が一番大事だと思っていて、さまざまな面談を通し、この子ならっていう、成長できるんじゃないかな、僕が役に立てるんじゃないかなって気持ちになる子を選びました。もちろん才能があって、僕が一目惚れしちゃってスカウトした子もいるし、昔からいいなと思っていたんだけど、なかなかチャンスがなくて、あるきっかけで出会って、仕事が一緒にできることになった子もいるし、さまざまなところでスカウトして、今回のプロジェクトに入れました」とし、「僕もまだアイドルをやっていますけど、年齢は関係ないです。プロとしても踊れて歌えているので、年齢の基準は無視しました」と明かした。

 さらに、ユナクは「日韓合同プロジェクトっていうことで、仲良くなればいいなと思っているし、日本は日本の素晴らしい踊りと歌い方があると思っているし、韓国はK-POPブームですごいシステムで鍛えられた人たちが集まっているんで、21人が一緒に生活しながら、お互いのいいところをちゃんととって、グローバルなアイドルになればうれしいです。そのそばで僕が先生として、プロデューサーとして役に立てればいいなと思っています」とG-EGG生の成長を手助けしたいと語った。

 そんなプロデューサーのユナクに言われて印象に残った言葉として、真っ先に手を挙げたヨンウクは「ユナクお兄さんから“自分がドームに行けなかったことがものすごく悔しくて、お前らと一緒に東京ドームに行きたい”って言われたとき、僕は胸がめちゃくちゃ熱くなりました。ユナクお兄さんと一緒にその夢を叶えたいと思います」と熱く語り、ゴンミンは「初めてユナク先輩に歌とダンスを見せたとき、特に歌に自信がなかったんですが、先輩が“声がいい、歌が上手い”と褒めてくださったのが、僕の勇気、自信につながり、今回参加するきっかけになりました」と振り返った。また、米丸は「ダンスで、自分が気にしていなかった部分を一から見直すきっかけをくださったことです」とユナクのアドバイスに感謝した。

 また、G-EGG生同士、気になるメンバー、ライバルについての質問が出ると、西川はパクハを挙げ、「パクちゃんって呼んでいるんですけど、ルックスがドタイプです(笑)。ダンスでもアクロバットもしていて、気になっているメンバーです」と答え、ヨンウクは「ヒョンス君。けっこうタイプが似ているなって思いまして、歌うのも好きだし、踊りも好きで、負けず嫌いってところが、いいライバルになりそうだなって気持ちを勝手に感じています」と率直に語った。

 最後にユナクは「どういう番組になるか、これから楽しみにしてください。来年春まで放送される予定だし、この子たちは春にデビューする予定なので、ぜひぜひ皆さん、応援してください。責任を持って、頑張りますのでよろしくお願いします」と気を引き締め、会見を締めくくった。

 なお、放送はMnet Japanにて2020年2月より、東海放送にて2020年春より放送開始する予定になっている。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.