Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「ONEWE」、日本で2枚目のインディーズシングル発売を記念したスペシャルミニライブ~Regulus~は熱を帯びたまま盛況裏に終了

コメント

2019/11/14 17:35配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

2019年10月27日。季節は冬の入り口に差し掛かり、少し肌寒い中迎えた『ONEWE JAPAN SPECIAL MINILIVE ~Regulus~』。会場のLUMINE 0 は満席で、外の寒さとは裏腹に場内はファンの期待で温度が高まる。

 【画像】『ONEWE JAPAN SPECIAL MINILIVE ~Regulus~』盛況裏に終了した「ONEWE」

開演時間、暗闇の中に浮かび上がるハリンのドラムスティック。それが動き出した時、『ピアスが僕をぶつように』の前奏が始まる。たった一人を照らすスポットライトの下、キアが会場に囁くように歌い始めた。バックスクリーンには金色の紙吹雪が舞う。サビで一気に力強いサウンドへと移り変わり、1 曲目から激しいパフォーマンスを披露。ヘッドバンギングで会場を盛り上げた。曲が2コーラス目に入るとヨンフンのパートに入り、バンドの要となるメインボーカルを務める彼の歌声はやはり響き方が違う。会場もその歌唱力に息を呑む。

 2度目のサビで一体感が増し、これこそが“ライブ”だと感じられる程の熱気に鳥肌が立つ。楽曲の終盤では1曲目にも関わらず、惜しむことなくギターを歌わせるカンヒョン。普段聴くことのできないオリジナルアレンジに、ファンも五感を集中させた。

 ドンミョンのキーボードで始まった2曲目。何かが始まる予感のする前奏に、ハリンのドラムでリズムが加わり疾走感が高まる。カンヒョンのギターが鳴り始めると「ONEWE」らしいサウンドに。洋楽のカバー曲にもキアのオリジナルラップが入ると、まるで最初から彼らの楽曲であったかのように仕上がる。ベース音が際立ち、原曲よりもメリハリのある印象を受ける。馴染み深いサウンドが、「ONEWE」なりのトップラインに変えられ、現代的な映像とアレンジの中にどこか幻想的な雰囲気も醸し出される。後半、カンヒョンの指さばきにファンが見惚れる中、ヨンフンのフェイクに合わせてエレキギターも叫ぶ。これこそがプロだと、実力を魅せつけ会場を曲の世界に引き込んだまま2曲目が終了した。

 「こんにちは! 僕たちは『ONEWE』 です! 」元気よくスタートした最初のMC。ヨンフン「久しぶりに『ONEWE』 が日本にやって来ました! 2枚目のインディーズシングル発売を記念して日本で公演することとなり、今まで緊張しながら沢山準備して来ました! 」
カンヒョン「ここまで足を運んで下さり感謝しています。日本に来て約一週間もの間、イベントからライブまで沢山足を運んで下さっている方々の顔が、忘れられません! 」
ヨンフン「皆さんの為にしっかり準備して来たので期待して下さい! 最後までハッピーな時間を過ごして頂けたらうれしいです! 」
ハリン「皆さん沢山遊んで下さいね! 」
ドンミョン「今日も僕たちと一緒に燃えて下さい! 」
キア「今日は綺麗に見せようと、ネイルもヘアスプレーもして来ました! 最後までこの努力を認めて、楽しんで頂きたいです! 」

 MCに続いて披露したのは『公私混同』。MC で見せた無邪気な明るい雰囲気のまま、メンバー全員が笑顔でスタート。ショルダーキーボードに持ち替えたドンミョンがステージの最前に座りファンと目線を合わせる。

 普段よりもリズミカルに歌うドンミョン。オフィシャルグッズのLED ライトブレスをつけたファンの手も自然とリズムを刻む。日本デビューからもうすぐで5か月となる彼らは、どんどん日本語の発音が上達し、以前よりも歌詞の内容が自然と入ってくるように感じる。会場に集まったファンはそんな彼らと一緒に口ずさむ。

 その姿を幸せそうな表情で見つめるメンバーを見て、音楽には国籍や言語の壁を超えて人の心を繋げる力があることを改めて実感した。

 次に披露したのは『Actor』。ノリやすいテンポと爽やかなサウンドで会場に爽快な風が吹く。レトロなバックスクリーンとカラフルな照明に、現実を忘れて前向きな気持ちになれる。1コーラス目でキアのベースがクールに響き、2コーラス目ではカンヒョンのギター音が際立つなど、一人一人の才能が開花されるステージであった。赤い照明で一気に雰囲気が変わり、低いベース音と重いドラム音が胸の深いところで響く。一つ一つの楽器が歌い、ハーモニーを奏で、ヨンフンとドンミョンの歌声も綺麗に重なり合っていた。カバー曲で妖艶なステージを披露し、「ONEWE」の新たな一面を見せた。

 2度目のMCでは先程披露した『Actor』の話題に。『Actor』は今回のライブのために新しく、よりバンドらしくアレンジしたそう。担当したのは、メンバーから天才プロ編曲家との呼び声が高いカンヒョン。試行錯誤する姿を目撃したというヨンフンは「深夜にベースを弾いていたんですよ。アレンジしてました。なんとキアのベースで! 」とエピソードを披露。キア「見たらヘッドが曲がっていて修理に出しました…。」カンヒョン「ごめんね…。」ライブでしか聞けない貴重なエピソードにファンもうれしそうだ。ヨンフン「次に披露する『Feeling Good』は皆さんにも一緒に歌って欲しいところがあります! ラップのところなんですけど、ちょっと練習してみましよう! 」一発で成功し、早速次のステージへ。

 序盤から掛け声が上がる『Feeling Good』。練習の甲斐あって本番の掛け声も大成功。掛け声の中、キアも楽しそうにラップを披露した。ヨンフンの甘い歌声とカンヒョンの滑らかなギターサウンドで、会場はお洒落なカフェのよう。その雰囲気のままゆったりとしたテンポでスタートした『Love Me』。バックスクリーンにはハートが舞う。キーボードの優しい音色が曲に花を添える。ファンもロマンチックな世界観に酔いしれた。

 日本デビュー曲の『Reminisce about All』では出だしからメンバーの集中力が伝わってくる。ドンミョンの繊細なキーボードと、ヨンフンの感傷的な歌声に、聴いている人全てが『Reminisce about All』の主人公になる。ユニゾンで響き合う二人の歌声は、胸にしっかりと歌詞を刻んでいく。カンヒョンのギターがアコースティックギターに変わり、優しい音色を奏でる。ヨンフンの高音は、まるで泣いているかのように響き渡り、最後は自分自身に言い聞かせるように歌い上げた。

 10月25日にリリースしたばかりの日本で2枚目のインディーズシングル『Regulus』。エレキギターに持ち替えたカンヒョンのアルペジオから始まる。ラップ中に鳴るキーボードのトップライン、サビで鳴るギターのトップライン、声と楽器がそれぞれ違った歌い方をして一つの楽曲が完成する瞬間は言葉では言い表せない感動がある。曲のクライマックスで叫ぶように鳴るカンヒョンのギター。ファンの掛け声もばっちりで、『Regulus』の発売を記念したライブに相応しいパフォーマンスであった。

 そして最後のMC。カンヒョン「遠いところ『ONEWE』 を見に来て下さってありがとうございます。いつも『ONEWE』 を見に来て下さる方、忙しい中久しぶりに会いに来て下さる方、ファンの皆さんにとって大切な一日になったら良いなと思っています。」
ハリン「今回日本で二度目のコンサートですが、何よりもファンの皆さんとステージを完成させることができてうれしいです。」
ドンミョン「今日は初めてコンサートした日を思い出していました。あの日が原動力になって活動を続けて来ました。今日も大切な一日になりました。ありがとうございます。」
キア「毎日見に来て下さってうれしいです。ありがとうございます。僕たちがお互いに力になれるような、励まし合えるような、そんな関係に発展させていきたいです。」
ヨンフン「いつも思っていることですが、こうしてステージに立つことができるのは皆さんの存在のお陰です。僕が音楽をする理由になって下さってありがとうございます。」

 エンディングMCに続けて披露したカバー曲。細かい手拍子が鳴り響き、メンバーはステージを動き回る。躍動感のあるサウンドに揺れる会場。ヨンフンがドラムセットのある一段高いステージに上がり、更に会場を盛り上げる。それに応えるように客席は大合唱。ファンと一つになり、「ONEWE」 スタイルを見せつけた。

 2曲目も爽快で弾けるようなステージを披露。ハリンが刻む軽快なリズムに疾走感が高まる。全員が手を振り、揺れるLED ライトブレスが眩しい。客席に降りてもっと、もっとと盛り上げるヨンフン。最後は全員で音を集めてボルテージ最高潮のまま本編が終了。

 ヨンフン、カンヒョン、ドンミョン、キアの4人がステージを後にし、残ったハリンがドラムでリズムを刻みながらアンコールを誘う。大きな声でアンコールが始まり、肌で感じることができるくらい一気に会場の温度が上がる。「皆さん立って!! 」という声で始まったアンコール。全員が立ち上がり、手拍子に合わせて揺れる会場。刻むような細かいギターのサウンドが、ファンの身も心も跳ね上げさせる。そして会場のボルテージが最高潮に達した時、メンバーとファン、全員が「ONEWE」 のポーズを手で高く掲げた。

 体の深いところまで響くベース音、メンバーとファンとの掛け合い、熱いステージ。ドンミョンの最初のあいさつ、「今日も僕たちと一緒に燃えて下さい! 」という言葉通り、ファンの心は確実に「ONEWE」 によって燃やされていた。

 アンコール2曲目は『HandClap』。特にファンから愛されている楽曲で、前奏から大興奮。題名通り、全員でハンドクラップ。現実を忘れて飛び跳ねる。思いっきり揺れる会場にうれしそうなメンバー。ラストを飾るのにぴったりの楽曲であった。キーが上がるにつれてどんどん盛り上がる会場。最後は一人残らず燃え尽き、最高のステージを締めくくった。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.