Wコラム インタビュー

【公演レポ】ホ・ヨンセン、約1年ぶりファンミーティング開催! ライブでは癒しの甘い歌声披露&トークでは驚きの日常公開でファン絶叫!?

コメント

2019/10/08 13:53配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

韓国歌手ホ・ヨンセン(SS501)がソロデビュー8週年を記念した4thミニアルバム「MOMENT」を引っさげ、9月28日(土)東京・山野ホールにて、「HEO YOUNG SAENG Live&Talk 2019」を開催。約1年ぶりのファンミーティングとなるが、生バンドを従えたライブ多めの構成で、甘い美声はもちろん、トークパートでもソロ活動や近況について率直に語るなど、久しぶりに再会したファンを存分に楽しませた。

 ソロでは感性あふれるバラード歌手として定評のあるホ・ヨンセン。黒のシックな装いでステージに登場すると、臨場感あふれるバンド演奏に合わせ、「MOMENT」のリード曲となるミディアムテンポのバラード「Moment」で幕を開け、緑色のペンライトが揺れる会場をしっとりムードに包んだ。

 「皆さん、こんにちは。ヨンセンです。今日は来てくれてありがとうございます」とあいさつすると、「おとといからリハーサルをしていて、ちょっと喉が…(笑)。ちょっと大変かなと思ったんですけど、みんなが応援してくれたら、僕は頑張ります! よろしくお願いします」と意気込み、本格的にスタート。

 「MOMENT」の収録曲で、自身が作詞を手掛けた「Want To Be Loved」を初披露した後、「Fly away」を熱唱したホ・ヨンセン。その優しい癒しボイスに、会場がうっとりしたところで、最初のトークコーナーでは、ソロ歌手としての歩みを語った。

 普段は9~10時間の睡眠だが、この日は緊張からか、5時間しか寝ていないというプチ情報を明かし、笑いに包まれてトークが始まったが、これまで発表してきた楽曲の制作エピソードなどを語ったほか、「SS501」の活動では、メンバーたちと一緒にいること自体が楽しかったと振り返り、ミュージカルも最初は嫌だったが、自分に合っているし、続けていきたい分野の一つだと話し、ミュージカル俳優としても、さらなる活躍を期待させた。

 ライブステージに戻り、「はじめて見る空だった」に続き、「元々の僕のパートは頑張るからね(笑)。メンバーのパートだけは皆さん、一緒に歌ってください」と茶目っ気たっぷりに「SS501」の「浅い夢の果て」を、高いキーで息継ぎのタイミングも難しいという「After the rain」を続けて披露したホ・ヨンセン。喉の調子が本調子ではないと言っていたが、心を込めて切々と歌い上げる姿にファンは大きな拍手を送った。

 衣装をデニムスタイルに着替え、爽やかな姿で後半戦をスタートさせたホ・ヨンセン。2度目のトークコーナーでは、プライベートを公開。休みの日の過ごし方を円グラフに書き込んでいったが、朝5時~16時まで「寝ます」と真っ先に書き、会場をざわつかせた。さらには、16時~ご飯とYouTube、17時~ゲーム、18時~ジム、19時~22時はボーカルレッスンかゲームか映画、22時~深夜1時は焼酎タイム、深夜1時~4時はカラオケ、そして4時~5時は「記憶がない」という衝撃(!? )の時間を赤裸々に明かし、会場は絶叫と爆笑の嵐が吹き荒れた。

 が、最後はやはりライブステージで、持ち前の歌唱力を発揮。「Weak Child」、「地球が滅亡しても」、「ホシゾラ」で、表現力豊かな歌声を届け、観客を一気にホ・ヨンセンの世界へと誘った。また、ファンとコミュニケーションをとる過程で、恥ずかしそうな表情を見せた際、客席から「可愛い~」という声が上がると、ちょっと不満そうにし、「カッコいい~」という声が上がると、「それはもう」と満足そうに露骨に喜ぶ姿もファンの胸キュンポイントとなった。

 今回はファンミーティングだったが、次はコンサートでもっとたくさん歌を届けたいというホ・ヨンセンは「いい機会を作れるように努力します」とファンに約束し、最後は、自分で考えた歌詞を日本語にしてもらった愛着のあるソロ曲だという「いつでも僕は君といる」を歌い上げ、本編を締めくくった。

 ファンの「ホ・ヨンセン」コールで、アンコールに突入すると、ファンが一斉に立ち上がるが、「座っていいよ」というホ・ヨンセンの優しさで、「SS501」のファンソング「Green Peas」を座って鑑賞するファンたち。とはいえ、大きな掛け声に加え、最後の「ヘンボッカルコヤ(幸せになろうね)」もバッチリ大合唱し、ホ・ヨンセンも思わず「上手い! 」とニッコリ。

 会場の熱気はさらに上昇し、最後はアンコール曲としてお馴染みの「HelloMello」で会場総立ちとなり、ホ・ヨンセンもノリノリなパフォーマンスで、会場が一体となるエンディングに。「また~! 」という言葉を残し、ステージを後にしたホ・ヨンセン。聴かせるバラードでファンを感動させ、トークでは素顔を覗かせ、笑いを誘うなどさまざまな魅力で、ファンに幸せな時間をプレゼントした。






この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.