Wコラム インタビュー

【会見レポ】山本裕典×ドンヒョン&ミヌ(元BOYFRIEND)×ヨンソク(CROSS GENE)×キュジョン(SS501)、「マイ・バケットリスト」制作発表会で抜群のチームワーク発揮

コメント

2019/08/06 16:13配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

8月9日(金)~19日(月)まで東京・浅草花劇場にて上演される感動の名作、韓国発ヒューマンバディミュージカル「マイ・バケットリスト Season5」。同作は、不良少年カングと余命宣告された少年ヘギが出会い、ヘギの死ぬまでにやりたい100個のバケットリストを2人で埋めていく感動のストーリー。

【画像】「マイ・バケットリスト Season50」制作発表会

 昨年2月の初上演から、これまで4回日本で上演されており、公演のたびに観客を感動と涙に包んできたが、5回目の上演となる今作を彩るのは、本作品初の日韓混合6人のキャストたち。

 カング役は、本作が芸能界本格復帰作となる俳優の山本裕典、過去2回(韓国語版と日本語版)カングを好演してきたドンヒョン(元BOYFRIEND)、これまで本作の全公演に出演している“マイバケレジェンド”で、振付始動にも参加するキム・ヨンソク(CROSS GENE)。

 ヘギ役は本作Season4に初出演し、抜群のセンスで多くの観客を魅了したキム・キュジョン(SS501)、卓越した日本語力で、全編日本語での舞台にも多数出演経験のあるミヌ(元BOYFRIEND)、「ミュージカル テニスの王子様」の主役・越前リョーマ役に起用され、山本裕典と同じく仮面ライダーシリーズの「仮面ライダーフォーゼ」にも出演した高橋龍輝(WIN=W1N)が演じる。

 開幕に先駆け、8月5日(月)都内で制作発表会が行われ、キャストの山本裕典、ドンヒョン、キム・ヨンソク、キム・キュジョン、ミヌが登壇し、意気込みを語った。

 各自、自己紹介をした後、まずはキャスティングされたときの心境を明かした5人。ドンヒョンは「またステキな作品に出演することができるので、本当にめちゃくちゃうれしかったです」と喜びを表現し、キム・ヨンソクは「僕はSeason1からの出演になるので、“またっ!? ”ってビックリしました(笑)。でも、今回はレジェンドになって、振付指導者にもなって、うれしいです」と余裕のある姿を見せた。

 また、オファーをもらい、出演するかどうか決めかねている段階で、前作Season4を観に行ったという山本は「ミュージカルと聞かされていなくて、“2人芝居があるからどうですか? ”というお話をいただいて観に行ったら、歌ってやがるんですよ(笑)。もう、その時点で断ろうかなと思っていたんです。でも、観ていたら、とても感動しちゃって、不覚にも泣いてしまい、やりたいなと思っちゃって。歌とか踊りとかハードルはあるんですけど、それを乗り越えてでも、作品に触れ合えたらなと思って。観終わった後、楽屋に行って、みんなとあいさつをしたときに、“ヘギ役はムリなので、ぜひカング役で”って即決しました」と出演を快諾した経緯を明かした。

 この日は衣装から、カングらしさが充満していた3人。ドンヒョンが着ていた革ジャンは、実は山本の私服だそうで、「朝、電話に出たら、ドンヒョンが“兄貴~、革ジャン持ってきてもらっていいですか”と言うので、クローゼットから引っ張り出してきました」と山本がほっこりエピソードを。山本の革ジャンを見事に着こなしていたドンヒョンに、山本が「この革ジャンを着て、芝居をしたいならプレゼントしますけど…。でも、高いんだよ! 」と言うと、ドンヒョンは「高いのはプレッシャーがあるので、大丈夫です(笑)」と丁重に辞退し、会場は爆笑に包まれた。

 キム・キュジョンは「今回もオファーをもらってうれしかったです。『マイ・バケットリスト』は元々好きなミュージカルなので、それを日本語でできるのがうれしくて、Season4のときは幸せでした。だから、今回も“ありがとうございます”、“ちゃんとやります”という気持ちでした。いま韓国で、演劇の準備と映画の撮影があるんですけど、『マイ・バケットリスト』が僕の心の中では一番で、一生懸命やりますって言って、日本に来ました」と意気込みを見せた。

 また、ドンヒョンからの推薦で出演が決まったというミヌは「出演できてうれしいし、光栄です。メンバー同士で、リーダーの兄貴と演じることができて、ステキな思い出になると思うし、お兄さんがいるから安心しています」とドンヒョンへの信頼、メンバー愛を垣間見せた。

 現在、稽古真っ最中だが、ダイエット中で、鶏のささみ中心の食事で力が出ないというドンヒョン。山本から「ホントに迷惑な話ですよね~(笑)。稽古場で元気がないんですよ」とつっこまれ、会場は大爆笑。「でも、公演のときは大丈夫です」とミヌが優しくフォローし、この後、おいしいものを食べに行こうと5人で盛り上がった。

 また、稽古エピソードを教えてという質問に対し、キム・ヨンソクが「今までお弁当で食べていた“らっきょう”を“ニンニク”だと思っていました。でも、らっきょうがニンニクじゃないって知りました」と珍回答をすると、山本が「稽古場関係ないし」とバッサリ。「この話、記者さんも記事にしにくいと思う(笑)」と絶妙なコンビネーションで再び笑わせた。
その山本は、日本にいるミヌと高橋が仕事の都合で一緒に稽古ができなかったため、韓国で稽古をしている他の3人に合流しようと、4泊5日の日程で、韓国に渡ったという。ところが、その3人が急遽仕事で時間が合わず、稽古場に行ったら誰も来なかったそう。そこで、Season4にもヘギ役で出演したインジュンをわざわざ日本から呼び出し、稽古を行ったとか。「出もしないインジュンと、ひたすら稽古をしていました(笑)。お互い最終日、感極まっちゃって、鼻水、涙をダラダラ流しながら、魂の芝居をぶつけ合って。(共演しないのに)通ずるものが芽生えて。いろんな意味で面白かったです」と特別な体験を振り返った。

 今回、振付指導にも参加し、「厳しいところは厳しくて、優しいときは優しくて、親切な指導者になりたいですね」と語るキム・ヨンソクは、熱血指導でみんなから「先生」と呼ばれているとか。そんなキム・ヨンソク先生から見ると、振付の覚えが一番早いのはミヌで、動画を撮って送ったら、すぐ覚えたとか。「僕はこの作品が初めてなので、“頑張らないと”ってずっと見て覚えました」と努力するミヌをメンバーたちは、日本語も上手いし、覚えも早いと大絶賛。

 逆に、一番覚えが遅いのは、初ミュージカルでダンス初心者の山本だそうだが、ドンヒョンは「歌と振付は悪くないよ」と評価し、本番への期待を持たせた。

 そして、それぞれ自分の役にキャッチフレーズをつけ、自分ならではの魅力をアピールしてほしいという質問には、「僕は“日本語が上手いカング”。前回は日本語での初めての公演だったので、エネルギーを全面に出して演じました。でも、今回はイントネーションや日本語の発音をしっかり見せながら演じたいです」とドンヒョン。

 キム・ヨンソクは「ヨンソクといえば“カング”。ヨンソクといえば“マイ・バケットリスト”と思い浮かべてもらえるように。そして、僕を見て、先輩や後輩たちが、この作品に出演したいと思ってもらえるように頑張りたいです」と意欲を示し、山本は「ほぼほぼ型が出来上がっている作品なので、それをちょっとでも、ぶち壊せたらと思っています。新しいマイバケというものをお客さんにお見せしたいです。新しい何かニュアンスを付け加えていけたら、そういうスパイスになれたらと思っています。だから、“スパイスのカング”で」と力を込めた。

 キム・キュジョンは「ヘギは毎日毎日が大切な人だと思います。いまでなければ何もできないという気持ちで、その瞬間を大切にしたいというイメージで演じたいです。“いまのヘギ”を見せたいです」とし、ミヌは「ほかの皆さんが全員、僕より年上なので、“ギャップがあるヘギ”になりたいです。普段は弟みたいな感じで、ニコニコ爽やかな笑顔ですけど、心には傷を持っているので、感情を表現するシーンではそういう部分をしっかり出して、ギャップのあるヘギにしたいと思います」とそれぞれの特色を。

 ミヌはヘギのトレードマークでもあるカバンをコンビニやトイレに行くときなど普段の生活でも身に着け、役作りをしているそうで、「お兄さんたちにいっぱい教えてもらいながら、本当に頑張らないと思って、練習しています」と今作にかける想いを伝えた。

 本作のタイトルにちなんで、バケットリストを聞かれた5人。ドンヒョンは「死ぬまで元気に過ごすことです」、キム・ヨンソクは「これからSeason6、7と続いたら、全部出演…、ムリかな? そして、(劇中に出てくるような)カフェとか作りたいです」、山本は「結婚ですかね。できるのかな~。子供が大好きなんで、子供がほしいなぁと。いま(相手は)いないですよ。タイプは僕がわがまま、亭主関白なんで、そういうところを支えてくれるような子だったらいいですね。若い子がいいなぁ」と願望を語り、キム・キュジョンは「年をとったら、ドラマ『深夜食堂』のような店を開きたいです。ヨンソクのカフェの隣で(笑)」、ミヌは「あまり人がいない島で家を作って、釣りをして、釣ったものを食べながら生活をしたいです」と答えた。ちなみに、実際にカフェを運営しているというドンヒョンが「カフェの場所は僕のインスタグラムをチェックしてください! 」とPRすると、ミヌが「すみません、うちのお兄さんが(笑)」とまたもフォローし、締めくくった。

 質疑応答が終わると、予定にはなかった劇中のテーマソングを5人で歌唱するパフォーマンスも。美しいハーモニーを生披露し、報道陣から大きな拍手が沸き起こった。
そして、最後に「たくさん期待してください! (ドンヒョン)」、「Season 5もみんなと一緒に全力でいきたいと思います! (キム・ヨンソク)」、「本番中もいろんなことが起きると思いますし、いろんな楽しいことがいっぱいあると思います。お客さんに僕らのチームワークをちゃんと見せて、泣いて笑って帰ってもらえたらなと思います(山本)」、「世界で一番幸せなミュージカル『マイ・バケットリスト』。皆さん、最後までよろしくお願いします(キム・キュジョン)」、「いろんな組み合わせができて、それぞれのカングとヘギの魅力が出ると思いますので、たくさん期待してください。もっと頑張りたいと思います(ミヌ)」とメッセージを伝えた。

 今作Season 5では、マイバケ経験者のドンヒョン、キム・ヨンソク、キム・キュジョンに、初出演の山本裕典、高橋龍輝、ミヌがどのような相乗効果を発揮し、どのような感動のドラマを展開していくのか。8月9日(金)に幕が開く。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.