Wコラム インタビュー

【公演レポ】チャン・グンソク、ファンと歩んだ8年を振り返るフィルムコンサートツアー大盛況で終幕! ライブさながらの臨場感&神演出に“うなぎ”たちが熱狂!

コメント

2019/07/10 19:48配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

俳優・歌手などマルチな才能で活躍するアジアのプリンス、チャン・グンソクの日本初ツアーから昨年の入隊前ラストライブまで、8年間の軌跡を振り返るフィルムコンサートツアー「JANG KEUN SUK FILM CONCERT TOUR~My Sweet Home~」。4月5日(金)福岡・Zepp Fukuokaからスタートし、全国で約3か月にわたって展開されてきたが、ついにファイナル公演が7月2日(火)東京・豊洲PITにて開催され、大盛り上がりで幕を閉じた。

 ツアーが始まった頃は、フィルムコンサートをどう楽しんでいいか分からないと戸惑うファンもいたが、最終日ともなると、楽しみ方を心得ているファンばかり。この日の夜公演は、ペンライトを片手にしたうなぎ(チャン・グンソクのファン)たちが会場をぎっしり埋め尽くし、熱気ムンムン。
「僕たちが最後に会ったあの日。これまで一緒に過ごした時間」という字幕が映し出された後、本編がスタートし、2010年の日本初ツアー「Where is your star? 」で披露した「相変わらず」が始まると、客席は早くも総立ちに! 

 続いて、「THE CRISHOW」2011-2012年編へ。2011年といえば、チャン・グンソクが東京ドームで初めて公演を行った年だ。「JANG KEUN SUK 2011 THE CRI SHOW IN TOKYO DOME【THE BEGINNING】」の中から、「Hello Hello」、「Oh my darling! 」と続き、そのままMC映像も。

 さらに、ワイヤーに吊られ、空中から登場したチャン・グンソクが、大きな天使の羽の映像と合体し、「Let me cry」を披露するステージが続くなど、会場のボルテージもさらにアップ。かと思えば、バラードでは、会場が静まり返って、その歌声に聴き入るなど、曲ごとにその世界観にグッと入る込むファンたち。今回のフィルムコンサートは、実際のコンサートを彷彿とさせる音響や照明を駆使しているため、ライブ会場さながらの臨場感で、本人不在なのにライブ感満載だ。

 「THE CRISHOW 3」2015年編に入ると、チャン・グンソクが「Save me」、「Turn off」とミディアム・ロックでファンを惹きつけた後、再びMC映像へ。「みんな僕を守ってくれてありがとうだし、本気でこんな舞台で歌うことができて、みんなに本当にありがとうございます。CRISHOWがいつまでやったらX(10)になるのか、X まで付いてこいよ! 浮気したら“蒲焼”(笑)」とオチをつけ、ファンを笑顔にさせたトーク部分が盛り込まれた。

 「THE CRISHOW 4」2018年編では、同じ曲の中で、各地のライブ映像が散りばめられ、会場ごとに違うチャン・グンソクの髪型、表情がどれも魅力的で、ファンにはたまらない楽しい構成に。また、「Don‘t be afraid」での一緒に歌う部分では、この会場のファンも一緒に大合唱。さらに、ピンクのキャノンテープが客席に噴射され、会場の雰囲気はドラマチックに高まった。

 終盤ではファンも一緒になってジャンプしたり、体を揺らしたりとボルテージは最高潮に。本人がいないのに、この一体感はさすが“うなぎ”と思わせる光景だった。

 さらにアンコール映像の「約束」では、チャン・グンソクが客席にカラーボールを投げ入れるタイミングに合わせて、スタッフが客席にカラーボールを投げるというファンサービスも。そして、最後の曲「一緒に作ったメロディ」では、再び会場に金と銀のキャノンテープが舞い散り、ファンを喜ばせながら、華やかにライブ映像が終了した。

 続くエンドロールも凝ったもので、これまでのライブでチャン・グンソクが伝えたメッセージが次々と映し出され、最後に「Let‘s Dream Together」の文字。改めて、その場にいなくとも、ファンを感動させ、次を期待させるチャン・グンソクだった。

 公演後は、凝った編集や、彼の魅力が存分に堪能できるセットリストの構成、ファンサービスなどの演出が絶妙で、フィルムコンサートとは思えないほど盛り上がることができ、8年が走馬灯のように蘇り、幸せな時間だったと大満足するファンの声が相次いだ。

 そんな大盛況のうちに終了となったフィルムコンサートツアーに続き、9月には展示会「COMEON JKS WORLD[ZIKZIN PLANET]」の開催が予定されている。留守の間も、さまざまなプレゼントを届け、楽しませているチャン・グンソクのおかげで、ファンはステキな思い出を作り続けている。



「JANG KEUN SUK FILM CONCERT TOUR~My Sweet Home~」
2019年7月2日(火)豊洲PIT 夜公演
【セットリスト】
01.相変わらず(「美男<イケメン>ですね」OST)
02.Hello Hello(「メリは外泊中」OST)
03.Oh my darling! 
04.My Precious(「メリは外泊中」OST)
05.Let me cry
06.Crazy Crazy Crazy
07.Always close to you
08.守護星
09.Save me
10.Turn off
11.Serenade
12.風
13.In my dream
14.空と君と
15.Beautiful change
16.For You~僕が頑張れる理由~
17.Don‘t be afraid
18.Indian Summer
19.Nature Boy
20.約束(「美男<イケメン>ですね」OST)
21.Gotta getcha
22.一緒に作ったメロディ




【展示会情報】
COMEON JKS WORLD[ZIKZIN PLANET]
会場:東京・LUMINE 0
日程:2019年9月10日(火)~27日(金)
特設サイト:https://www.jang-keunsuk.jp/2019_event/zikzinglanet/
[開催時間]
(1)10:00~12:00
(2)12:30~14:30
(3)15:00~17:00
(4)17:30~19:30
(5)20:00~21:30(平日のみ)
※完全入れ替え制
※9月18日は展示内容一部入れ替えのため17:00で終了
[チケット]
前売りチケット3,900円(税込)
レイトチケット3,400円(税込)※上記(5)の時間帯のみ





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.