Wコラム インタビュー

【イベントレポ】ソンモ、初ソロライブ「2019 SUNGMO Concert<amor fati>in Japan」開催

コメント

2019/05/08 23:29配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

元「超新星」のソンモ(31)が5月4日、千葉・舞浜アンフィシアターで、「2019 SUNGMO Concert<amor fati>in Japan」(3か所6公演)の東京公演を昼夜2回開催した。

 5月2日の名古屋市公会堂大ホールからスタートした自身初のソロコンサートツアーはこの日が2か所目。「ソンモ~! 」の声援が響き渡る中、2月27日にリリースされた3rdミニアルバム「セレナーデ」の収録曲「モナリザ」でライブは幕を開けた。

【画像】「2019 SUNGMO Concert<amor fati>in Japan」を開催したソンモ

 ステージ下からダンサー4人とともに椅子に座って登場したソンモは、スローなバラードをしっとりと歌い上げながらもキレ味鋭いダンスを披露。終盤、ジャケットを脱ぎ捨てると、大きな歓声が沸き起こった。2曲目は、2ndミニアルバム「The future with U」に収録されているダンサブルなナンバー「Wake Up」をパワフルに歌い踊り、早くも客席をソンモワールドへと引き込んだ。

 悲鳴のような歓声に包まれる中、軽くトークしながら息を整えると、「みなさん、こんにちは。お久しぶりです。ソンモです」と爽やかな表情であいさつ。客席に向かって「みんな暑いですよね? 」と問いかけるが、すぐさま、「そんなに暑くないでしょ? なぜか知ってる? 踊らないから」とジョークで爆笑を誘った。

 続けて、「今、そんなに楽しくないよね? 楽しい? 表現してみて! 」と言って客席前方の観客に無茶ぶり。それでも一人のファンがノリ良く、「ドキッ」と応じてくれると、「オォ~」と声をあげて大喜び。「ボクは久しぶりにみなさんと会って楽しいです」と笑顔を弾けさせた。

 そんな軽妙なやりとりで「Juliet」(=ファンクラブ)のハートをしっかりとつかむと、今度は「ボク、変わったことがひとつあるんですよね」と告白。「髪の色」という声が客席からあがったが、「ボクの性格が変わりました。名古屋のファンのみなさんから聞いたかもしれないんですけど、ボク、すごい皆さんをイジる性格になりました」と明かし、客席に向かって、「あなたダイエットしなきゃ! 」。これには一斉に「えぇぇぇ~~」とブーイングが起こったが、「え~じゃねぇよ」とドSキャラ全開。かと思いきや、慌てて、「ボク、誰も見てないんだもん。ボクと瞳を合わせた人いる? 手を挙げて。誰もいないじゃん! 」と必死になって弁明。そんなかわいらしい姿に、会場はまたも大きな笑いに包まれた。

 デビュー10周年の今年1月、ソロアーティストとしての道を歩むことを公式的に発表した。2月6日には公式ファンクラブもオープンし、同27日にはソロでは3年ぶりとなるアルバム「セレナーデ」を発売するなど新たな第一歩を順調に踏み出した。とはいえ、決して平坦な道ではないことは自身もよくわかっている。それだけに、支えてくれるファンへの感謝の気持ちは強く、「こんないい会場で、すごく僕を愛してくれるみなさんと、楽しい時間が絶対できると思いますので、きょう頑張ってみなさんと楽しい時間を過ごしたいと思います。ぜひ応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 ライブに戻り、自ら作詞を手掛けた「A step」を披露。歌う前に「僕が大好きな曲を歌いたいと思います。ぜひ一緒に歌ってみてください」とお願いして臨んだが、客席とのキャッチボールがうまくいかなかったことに愚痴をこぼし、突然、客席とコール&レスポンスの練習を始めるソンモ。

 何回かやってうまくキャッチボールができたのを確認すると、「十分できるじゃないですか」と満足そう。「ぜひ今度からは一緒に歌ってください」と呼びかけ、「Hello&Goodbye」へとつないだ。笑いあふれるトークを曲間に挟みながら、「ひだまり」、「I‘m loving you~泣いたらいい~」、「君と歩く道」、「My Angel」を次々に披露。軽快な曲から切なさあふれる曲までソンモ特有の甘くハスキーな 歌声を響かせ、客席を魅了した。

 インタビュー映像に続く後半のステージは、「超新星」のメドレーを中心に構成。「Are You Ready? 」で口火を切り、「RANDA」では、胸をはだけて割れた腹筋を見せつけ、悲鳴を誘った。「Moving On」、「Stupid Love」と一気に畳みかけると、会場の熱気はさらにヒートアップする。息を弾ませながら、「久しぶりに懐かしい曲を歌いましたが、みなさんどうでしたか? 」と反応を確認すると、「カッコイイ~」「サイコー」の声が交錯した。ファンの熱い思いをしっかりと受け止めたソンモは「本当に楽しいですね。きょうは。(初日の名古屋公演とは)ちょっと楽しさが違いますね。正直言うと名古屋では緊張感が多すぎて怖いこともあったし、ボクが選んだ曲とか、(公演の)流れとか…心配もあったんです」と率直な思いを吐露。その上で、「名古屋では、みなさんがボクに力 をくれたんです」と感謝の言葉を口にすると、温かい拍手が送られた。

 「超新星」メドレーの第2弾は、「WINNER」、「クリウンナレ-キミに会いたくて-」、「SUPERSTAR~REBORN」の3曲。エネルギッシュなダンスパフォーマンスの連続に客席は大興奮となった。続くコブクロのカバー曲「流星」では一転、情感たっぷりに歌い上げる歌声に引き込まれるように客席は静かに聴き入った。

 パーティータイムはまだまだ終わらない。「Last Kiss」、「君だけは離さない」、「COME BACK TO ME」、「YOU」と人気曲をメドレーで歌い継いだ。

 本編最後のトークでは、日本が「令和」の時代を迎えたことに触れ、「みなさん、新しい時代になりました。おめでとうございます。 “レイおめ”」と祝福のコメント。「新しい時代には、みなさんとボクにたくさん、たくさん、いろんな幸せなことが起きればいいなと思って、いつも祈ります。その初めに僕に会いに来てくれて感謝しているし、みなさん、きょうは熱い応援ありがとうございました」と客席の「Juliet」に思いを伝えた。

 さらに、「その皆さんの前で発表したいことがあります」と言って、6月15日の32歳の誕生日にバースデーファンミーティングを企画していることをサプライズ報告し、ファンを歓喜させた。「頑張って会場を取って、楽しいファンミができるように、ライブと全く違う新しい舞台ができるように準備します。細かい情報が決まったら教えますので、ファンクラブのサイトをチェックしてください」と呼びかけ、「Only You」で本編をしめくくった。

 ライブはいよいよアンコールステージへ。ブリッジ映像が終わると、アンコールを求める手拍子が起こるが、ソンモは舞台裏から煽るように「これでは行きません」とつぶやく。これに呼応して手拍子とともにソンモコールがどんどん大きくなると、「行くしかないです! 行きましょう! 」と言ってステージに飛び出し、「Only One for me」を熱唱した。続く、「超新星」の大人気曲「Shining☆Star」では、ラップパートもしっ かりこなすなどノリノリで歌い踊り、会場のボルテージをさらに引き上げた。

 最後に「きょうは本当にみなさん、会いに来てくれてありがとうございました。またみなさんと会える時間を楽しみに待ちますので、ぜひよろしくお願いします」と再会を約束し、「Departure」で約2時間にわたるライブの幕を閉じた。5月6日には大阪・堂島リバーフォーラムで最終公演を行い、初のソロツアーを完走した。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.