Wコラム インタビュー

【速報イベントレポ】ジュノ(2PM)、一人二役に挑戦の主演映画「薔薇とチューリップ」プレミアム上映イベント大盛況!

コメント

2019/01/21 23:29配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

1月21日(月)人気グループ「2PM」のメンバーとして、また俳優としても高い人気を誇るジュノが主演映画「薔薇とチューリップ」プレミアム上映イベントを神奈川・パシフィコ横浜にて昼夜2公演開催し、大盛況を飾った。

【画像】映画「薔薇とチューリップ」プレミアム上映イベント

 昼公演の映画本編の上映後、ブラックのニットにブラックパンツ、足元はブラックのスニーカーとカジュアルスタイルのジュノが姿を見せると、まるでスクリーンからそのまま飛び出したようなジュノに会場は瞬時に大歓声に包まれた。

 「みなさん、お久しぶりです。ジュノです。あけましておめでとうございます」と新年のあいさつを交えた。映画上映後のステージに「めっちゃ、プレッシャーです」と緊張しながらもMCの古家正亨の進行で作品の魅力に迫った。

 最初のコーナーは「ジュノが選ぶベストシーン」と題し、ジュノが好きなシーンを紹介。
本作で天才画家ネロと韓国人留学生デウォンの一人二役に挑戦したジュノは温泉で二人が対面するシーンを挙げ、「一人で演じていたので(撮影は)簡単ではなかったですね。撮影している時はどんな仕上がりになるのか、すごく気になっていたシーンです」と振り返った。

 さらにメンバーのチャンソンとの共演したシーンをチョイス。
「このシーンは撮影中盤で、このタイミングでチャンソンが来てくれて、すごく楽しく撮影しました。チャンソンは演技をしに来たというよりはご飯を食べて、僕をイジリに来たって感じです(笑)」とユーモアたっぷりにチャンソンとのエピソードを明かした。

 同作について「僕にとっては新しいチャレンジだったと思います。これまで韓国ではずっと作品は撮ってきましたが、日本の作品に初めて出演するチャンスでしたので、できる限りみなさんには僕の色々な姿を見ていただきたいと思いました。今後、短い時間ではありますが、僕のことを考えていただける、そんな作品になったのではないかと思います」と語ると会場からは称賛の拍手が送られた。

 さらにメイキングの写真を見ながらのぶっちゃけトーク、ファンからの質問コーナーや映画にちなんだゲームなどで会場を沸かし、イベントは大盛り上がりとなった。

 イベントの終盤では会場をバックに記念撮影も行われ、この日の思い出を彩った。

 本作は「東京タラレバ娘」、「海月姫」、「雪花の虎」などで知られる大人気女性漫画家であり、かねてより熱心な「2PM」ファンで知られる東村アキコ先生がジュノのために描き下ろされた漫画原作の映画化。
エンディングで流れる映画の主題歌はこの作品のために ジュノ本人が書き下ろしたもので作品を一層盛り上げる曲となっている。

 かわいいジュノからかっこいいジュノまで、新しいジョノの魅力満載の本作はぜひ大きなスクリーンで! 



 詳しいレポートは後日掲載いたします。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.