Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「MYNAME」、楽しさにこだわったファンサービス満点のクリスマスショー開催! 感謝を込めてプレゼントも大放出「サンタになった気分」

コメント

2019/01/05 11:10配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

4人体制での初のライブツアー「MYNAME ZEPP TOUR 2018~KISEKI~」東京公演最終日に、「クリスマスにみんなのサンタになりたい」と話していた「MYNAME」が12月24日(月・祝)、東京・竹芝NEW PIER HALLにて、「MYNAME X‘MAS SHOW 2018~Enjoy~」を開催し、その願いを叶えた。

【画像】「MYNAME X‘MAS SHOW 2018~Enjoy~」

 会場に入ると、ステージにはたくさんのツリーやプレゼントが並べられ、客席にはサンタガールに扮した「MYgirl」(=「MYNAME」のファン)たちの姿も目立ち、まさにクリスマス一色といった雰囲気。

 2部の夜公演が始まり、客席では入口で配られた赤のペンライトが一斉に灯る中、赤や白、黒を基調にした王子様ルックのメンバーたちが、「KISEKI」を歌いながら1人ずつ登場! さらに、セヨンが「『MYgirl』 メリクリ~! 」と叫び、定番のクリスマスソング「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」でクリスマスムードを高め、ワクワク感いっぱいにイベントの幕が開いた。

 MCとしてAKIが加わり、最初のコーナーは「MYNAMEの何でもランキング」。あるお題に対し、選ばれたメンバー1人が、自分は5人の中で何位なのか、ランク付けするというもので、ほかのメンバー、そしてランダムに選ばれたファン1人も5人をランク付けし、発表していった。

 最初に選ばれたチェジンは「笑顔がステキなランキング」というお題で、自分を1位に。「笑ったら気持ち悪い(笑)」という理由で5位にされたコヌは「僕も笑顔が可愛いですよ」と反論。ジュンQはコヌを1位にした。
最多票は、コヌとセヨンから1位を獲得した“インスマイル”のインスで、自分でも「笑う写真は好きじゃない」と言ったセヨンは、3人が4位とランク付けした。

 また、「女性を泣かせるランキング」というお題では、ジュンQがチャレンジ。答えを書いていると、「俺、地獄耳だから聞こえちゃったけど、(客席の)3人ぐらいが“絶対セヨンだよね”って言ってた」とセヨン。それを受け、ジュンQは笑いながら「4人です」と1位をセヨンに。「理由は言わなくても分かると思います」とニヤリとし、自分を5位にした。
コヌもセヨンを1位にし、セヨンも冗談で1位~5位まで自分の名前を書いたが、真面目に答えると、「悪い男の魅力があるから」とインスを1位に。チェジンも「何を考えているか分からないから」と1位をインスにした。ちなみに、「優しいし、嫌なことも表情に出さないから」とコヌを5位にしたチェジンは、AKIから「もし女の子だったら、メンバーの誰と付き合いたい? 」と聞かれると、コヌではなく、ジュンQと答え、「ケンカしたり、駆け引きしたりしたい」と話し、メンバーたちの意外な一面を明かした。

 ここで歌のステージを挟み、「Everlastin‘ Luv」と「Secret」を披露。特に、「Everlastin’ Luv」ではチェジンとセヨンが客席から登場し、セヨンは客席に座ると、ファンと一緒にペンライトを振って、「MYNAME」を応援するという茶目っ気ぶりを発揮し、ファンを楽しませた。

 次のコーナーは「No.1は俺だ! 」と題し、客席を4ブロックに分けて、メンバーとチームを作り、3競技で対決をしていく団体戦ゲーム。1部で優勝したコヌチームは「2部も頑張ります! 」と意気込んだ。
最初は「演技力」で、メンバー同士の対決に。「忘れ物をしたときの“あ”」を表現するというお題で、4人4様の表現力を見せたメンバーたち。独特なシチュエーションを作り、爆笑の連続となったが、みんなからたくさんつっこまれたコヌが頑張ったと評価され、客席の拍手量が一番多く、1位となった。

 次の「デザイン力」では、メンバーたちがチームのファンから持ち物を借り、それをツリーに飾り付けて、美しさを競い合うという対決。事前にファンサイトで案内していたので、ファンは使ってほしいという持ち物をメンバーにアピールし、ユニークなものがたくさん集まった。個性豊かなツリーが完成したが、ぬいぐるみがたくさん飾られた“人形ツリー”のチェジンチームが1位となった。

 最後の「知識力」は、膨らんでいく風船を持ちながら、お題に対する答えを順番に答えていき、爆発したチームが負けという風船爆発ゲーム。メンバーが客席の中からパートナー1人を選び、各チーム2人、合計8人での対決となった。中でも、セヨンはジュンQファンの彼女と一緒に来たという男性をパートナーにし、「クリスマスイブで特別な日だから、彼女に言いたいこと、一言どうぞ」と粋な計らいをするセンスも見せた。

 そして、「MYNAMEの魅力」、「最高にセクシーなポーズ」というお題で、8人が風船を回しながら答えていき、時間を稼いで駆け引きしたり、メンバーたちのドタバタしたりする姿にファンも大ウケだった。
結局、総合優勝は同点だったコヌとチェジンチームとなり、優勝特典として、2人はチームのファンと一緒に写真を撮る思い出を作った。

 イベント後半は、「MYNAME」のライブステージ。メンバーたちはしっとり聴かせるバラード曲「STARS」から、セヨンとジュンQが客席をあおり、盛り上げながら「Day off」、ジャンプしながらタオルをブンブン回す「We made it」と会場のテンションをぐんぐん上げていき、ファンと一体になってステージを進めていった。

 そして、「カッコいい一言を言いましょう! 」と提案したコヌから最後のあいさつへ。「僕にとって2018年は、ものすごく楽しかったです。ことし、いろいろチャレンジをして、インスがいない『MYNAME』4人になって、大人になったチェジンがいて…。僕は考えました。『MYNAME』は4人になっても、3人になっても、2人になっても、1人になっても。(客席から「エー! 」の声が上がるとすぐに)1人はムリです(笑)。『MYNAME』は5人だから。でもね、4人になって、大人になったチェジン、ジュンQ、セヨンがいるから、僕はやることがないんです。あるけど、もうみんな頑張っているから、すごくビックリして。だから、2019年の『MYNAME』も頑張りますので、ぜひ僕の応援をよろしくお願いします! 」と言うと、「『MYNAME』の応援じゃなくて、僕? 」とジュンQからつっこまれ、「ハイ、僕の応援よろしくお願いします。愛してください! 」とマイペースぶりを見せると、「きょうは短くて良かった~」とチェジンからも安心される“リーダー”コヌだった(笑)。

 ジュンQは「きょうも皆さんと過ごせて幸せだし、きょうが終わって、僕は次、皆さんといつ会えるかはっきり決まっていないんですけど、またすぐに会える時間を頑張って作ります。来年2019年もよろしくお願いします」、チェジンは「2018年は時間が過ぎるのが早かったです。クリスマスのイベントは毎回記憶に残っているんだけど、来年もすぐ来ると思います。来年も頑張るので、応援よろしくお願いします」と伝えた。

 最後にセヨンは「ことし『MYNAME』としては最後のスケジュールだから、2018年何をやったかなと考えたんですけど、1月から皆さんと会っていない月がないんですよ。ことし1年、皆さんとずっと会って、自分的には人間セヨンとして成長した部分もたくさんあるし、これからも皆さんと会うのが楽しみです。こうやって活動できるのも感謝しているし、ことし30日と31日にミュージカルも残っているんで、1年間みんなと過ごしている感じです。僕ら『MYNAME』の人生は、『MYgirl』じゃないかなと言ってもおかしくないと思うんで、これからの人生も任せます。俺の人生を任せるよ」とはにかんだ笑顔を向けた。

 そして、客席をバックに記念写真を撮影した後、コヌは来年1月のソロライブ、チェジンは12月26日のバースデーライブの告知をし、最後の曲「タンマレ~はっきり言って~」へ。セヨンが「最後の曲は面白くやらないとね」と言うと、「だから、最初から最後までセヨンが全部歌います! 」といたずらっ子のようにケラケラ笑うコヌ。

 すると、セヨンがジャンケンで負けた人が、アフロのかつらをかぶって歌おうと言い出し、コヌにかぶらせようと、3人が示し合せてチョキを出したが、コヌがグーを出して勝つという誤算が(笑)。でも、それを知ったコヌが、かつらをかぶることを受け入れ、準備に。その間、3人はステージに飾られていたメンバーのサイン入り写真やコスメ、食べ物などのプレゼントの数々を客席に降りて配り、セヨンは「サンタになった気分(笑)」と。
コヌがかつらをかぶってきたのに、誰もイジることなくスルーし、最後の曲はコヌとセヨン、チェジンとジュンQがパートチェンジをしてボーカルラインがラップを、ラップラインが歌唱パートを歌うという、予想不能な「MYNAME」らしい、遊び心満点のステージに。コヌはダンスブレイクでソロダンスも披露するなど、大活躍を見せた。

 アンコールでも「White Christmas」を歌いながら、客席に降りてキャンディを配るなど、最後までファンサービスたっぷりにファンと触れ合ったメンバーたち。これで全て終了となり、「あいさつしましょう」と言うと、客席から「もう1回」コールが。時計を見るような仕草を見せながらも、ファンの期待に応えて、メンバーたちはもう1回「White Christmas」を今度は自分なりのスタイルで歌い、ファンを存分に楽しませた。

 そして、改めてファンに感謝し、「大好きです」、「ありがとうございます」と言いながら、メンバーたちはステージを後に。セヨンが1人残り、恒例となっている“インスマイル”の大合唱で、公演を締めくくった。

 ファンを楽しませようとするメンバーたちの心意気が随所に感じられる公演で、ファンを最高に幸せな気分にした「MYNAME」。またどんな新しい姿を見せてくれるのか、2019年の活躍も楽しみだ。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.