Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「GOT7」、「Stray Kids」からチョン・イル、チャン・ヒョク、ノ・ミヌらまで「2018 MAMA」レッドカーペット登場!

コメント

2018/12/15 20:23配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ことしで10回目を迎え、韓国、日本、香港の3地域での開催となったアジア最大級の音楽授賞式「2018 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」。12月10日(月)韓国・ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)で盛大に幕を開けた韓国公演に続き、12日(水)には埼玉・さいたまスーパーアリーナにて、「MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN」が開催された。

【画像】「2018 MAMA」レッドカーペット【男性編】

 授賞式に先駆け、レッドカーペットイベントにも豪華出演者が続々と集結。授賞式に向けての意気込みやパフォーマンスの見どころなどを語ったほか、フォトミッションとして、グループごとに提示されたお題にそってさまざまなポーズを取り、ファンを熱狂させた。

 最初に登場したのは、シンガーソングライター・アイドルと呼ばれる実力派新人ボーイズグループ「Stray Kids」。メンバーごとに個性のある衣装で現れたメンバーたちは、「練習生のときからMAMAに参加することが大きな夢だったので、きょう大先輩とご一緒できて、光栄だし、本当にうれしいです」と語り、日本語で「日本のSTAYの皆さん、たくさん期待してください。愛してる」と日本のファンにメッセージも送った。

 「GOT7」はJB、ジニョン、ユギョムの3人での参加。「日本でのMAMAに参加するのは初めてなので、ワクワクしています。新しい姿を見せられたらと思っています」と語ったJBに続き、ジニョンは日本語で「皆さん、『GOT7』です。来年『GOT7』が1月30日にニューアルバム『I WON’T LET YOU GO』を発売します。今月の18日と19日に武道館公演もあります。たくさん愛して応援してください。きょうのスペシャルステージもたくさん愛してください」と伝え、大きな拍手を浴びた。

 プレゼンターとして俳優ヤン・セジョン、ノ・ミヌ、今回のMAMAが除隊後初の海外公式スケジュールとなるチョン・イル、チェ・テジュン、ユン・ヒョンミン、ハ・ソクジン、チャン・ヒョク。そして、日本からは「Favorite Dance Artist Japan」を受賞した「超特急」、プレゼンターとして、韓国でも人気のドラマ「孤独のグルメ」に主演した松重豊もレッドカーペットイベントに登場し、観客をわかせた。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.