Wコラム インタビュー

【イベントレポ】俳優パク・ボゴム、「2018 MAMA」レッドカーペット登場! 2年連続ホスト役…来年は?

コメント

2018/12/15 11:58配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ことしで10回目を迎え、韓国、日本、香港の3地域での開催となったアジア最大級の音楽授賞式「2018 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」。12月10日(月)韓国・ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)で盛大に幕を開けた韓国公演に続き、12日(水)には埼玉・さいたまスーパーアリーナにて、「MAMA FANS‘CHOICE in JAPAN」が開催された。

 授賞式に先駆け、レッドカーペットイベントにも豪華出演者が続々と集結。授賞式に向けての意気込みやパフォーマンスの見どころなどを語ったほか、フォトミッションとして、グループごとに提示されたお題にそってさまざまなポーズを取り、ファンを熱狂させた。

 レッドカーペットイベントの最後に登場したのは、昨年に続き、2年連続でホスト役として「MAMA」の日本ステージを彩る俳優パク・ボゴム。「2年連続、ホストとして招待していただき、ありがとうございます。ステキなアーティストの方たちのステージや、日本のファンの皆さんに会えてうれしいです」と感想を語った。

【画像】「2018 MAMA」レッドカーペット【パク・ボゴム編】

 そして、MCから来年の出演も期待されると、「言っている言葉は現実になります。来年もご一緒できたらうれしいです」と笑顔を浮かべた。

 また、期待しているステージを聞かれたパク・ボゴムは「今回の日本MAMAのため、準備してきた歌手の皆さんのステージをリハーサルで見たんですが、1組も見逃せないです。たくさんご覧いただき、応援していただきたいです。そして、遠い場所からも日本に来てくださったファンの方たちに感謝しています。たくさんのアーティストの方たちが、きょうのために頑張って準備してきたと聞いています。熱烈な応援、歓声をよろしくお願いします」と観客にメッセージを送った。

 さらに、フォトポーズでは、“キヨミ(可愛い子)”というお題で、次々とキュートなポーズをとり、ファンの心をわしづかみにした。





この記事が気に入ったら


wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.