Wコラム インタビュー

【公演レポ】「IZ(アイズ)」、「またすぐ日本に戻る」とファンに約束の日本ツアーアンコールライブでカッコイイ&可愛いのギャップで魅了

コメント

2018/12/05 22:38配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

11月30日(金)、韓国の美少年実力派アイドルバンド「IZ(アイズ)」が、ことし2回目の東京ツアー「IZ 2018 TOKYO LIVE TOUR “ALL IZ ON ME”」のアンコール公演を東京・新宿Renyで開催した。

【画像】「IZ 2018 TOKYO LIVE TOUR “ALL IZ ON ME”」のアンコール公演

 「IZ」は、「防弾少年団」を作り上げたプロデューサーのパン・シヒョクが、彼らのアーティストとしてのポテンシャルを認め、2ndミニアルバムのプロデュースを担当したことでも話題となった4人編成のバンド。

 オープニング映像が流れると同時に、フロアにいるファンのペンライトが一斉に光を放ち、会場の熱が上昇し始める。1曲目は5月にリリースした「Angel」から。静かなリズムから走り始めるミドルナンバーでファンの心を一気に掴みにかかる。間髪入れず「Ole Ole」へ。激しく重厚な楽曲で、早くも多様なジャンルを持った姿を見せつけた。3曲目の「Heartbeat」では、ボーカルのジフがステージ左右へ動き回りながら、ファン1人1人の顔を確認するかのように歌い、走る。「今日は来てくれてありがとうございます! 」とジフが叫ぶと、ファンもペンライトと声援で彼らに応える。

 ここでメンバーのあいさつと自己紹介へ。「2週間ぶりに日本に戻ってきました! 」(ウス、ドラム)、「僕たちに会いたかったですか? 」(ジュンヨン、ベース)、「僕たちも会いたかったです! 」(ヒョンジュン、リーダー&ギター)、「今日はたくさんのイベントを用意したので、一緒に楽しんでください」(ジフ)と、流暢な日本語でファンと疎通を図ると、ここでMCが登場し、トークコーナーへ。

 11月のツアーに関するエピソードや、自分の顔を自己採点、メンバーがメンバーの魅力を紹介するなど、ステージで披露していた男らしい姿から一転、笑顔満載で和やかムードに。

 ミディアムテンポが心地良い「Granulate」からライブが再開。
続いてヒョンジュンとジフが楽曲制作に参加した、心温まる「You too」をしなやかに歌い上げる。「これからは僕たちが作成した楽曲を、もっと皆さんにお聴かせできるようになりたいですね」とリーダーのヒョンジュンが未来の展望を明か

した。

 2回目のトークタイムは、ファンからの質問に答えるコーナー。“メンバーで流行しているギャグは? ”の問いに「冷麺・つけ麺・僕イケメン! 」という懐かしいギャグが飛び出し、4人揃ってかわいらしく披露。また、“好きな女性のタイプは? ”という質問には「子犬のような純粋な子」(ウス)、「ショートカットが好き」(ヒョンジュン)、「一緒にご飯をおいしく食べてくれる人」(ジフ)、「笑いのツボが合う女性」(ジュンヨン)と4者4様のアンサーとなった。

 続いてのライブは、今回のアンコール公演のために準備したという、米津玄師の「Lemon」を披露。独特なメロディーやファルセットも違和感なく歌唱し、ファンもうっとり聴き入っている様子。「次の曲は皆さんも一緒に歌ってくださいね! 」というメンバーの掛け声とともに始まったのはデビューアルバムに収録されている「Crush on you」。ジフがファンに向かって拳銃ポーズをすると、それに応えるようにファンも拳銃ポーズで“バーン! ”とリズミカルに撃ち返し、笑顔の絶えない1曲となった。さらに清涼感あふれる「All you want」は、斬新な転調が耳目を離さない。「この曲は僕が大好きなアニメの主題歌です! 」とウスがうれしそうに紹介したのは「RADWINPS」の「前前前世」。会場のテンションを最高潮に上げて、メンバーの汗も止まらない。

 「次が最後の1曲になります」とジフが言うと、ファンからは「嫌だー! 」「もっとー! 」と声が飛び交う。すると続けてジフが「皆さんが盛り上がってくれたら、良いことがあるかもよ」と微笑を浮かべる。ここでメンバーから今日の感想が伝えられた。

 「ファンの皆さんといろいろな話ができてうれしかったです。そして日本でデビューもしたいと思うので、応援をお願いします」(ヒョンジュン)、「素晴らしい会場でファンの皆さんと過ごせて楽しかったです。日本のスタッフの皆さんもありがとうございました! 」(ジフ)、「こんなにたくさんトークがある公演は初めてで、とても楽しかったです。最後まで盛り上がりましょう! 」(ウス)、「ツアーも含めて、あっという間の時間でした。次に日本に来るのは来年になりそうだけど、その時はもっと成長した姿をお見せしたいです」(ジュンヨン)と名残惜しそうな姿を見せた。

 最後に力を使い切るかのように激しいビートの「The Begining」、「Kanzen Kankaku Dreamer」(ONE OK ROCK)を続けて披露し、アンコールで再び「Heartbeat」を歌唱し、大盛況でアンコール公演の幕は閉じた。

 韓国に戻ったらカムバックの準備に取り掛かるという「IZ」。「すぐに日本に戻ってきます! 」とファンに約束し、また新たな姿を見せてくれることを期待しつつ、次回の日本公演に期待したい。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.