Wコラム インタビュー

【公演レポ】「LABOUM」、日本デビューしてから初めてのワンマンライブ「LABOUM 1st JAPAN TOUR ~Hwi hwi~」大盛況!

コメント

2018/12/03 20:28配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

2014年に韓国でデビューした5人組ガールズグループ「LABOUM」(ラブーム)。洗練されたビジュアルと、メンバー全員 160cm 以上という抜群のスタイル、ポップで爽やかなパフォーマンスで瞬く間に人気を獲得。2017年4月には、2ndミニアルバム「Hwi hwi」が韓国の音楽番組で2週連続1位を記録するなど、最もホットなガールズグループとして注目されている。

 11月7日にはシングル「Hwi hwi」で日本デビューを果たし、オリコンウィークリーチャートでは16位にランクイン。日本でも今、大注目の「LABOUM」が、11月24日(日)に「LABOUM 1st JAPAN TOUR ~Hwi hwi~」を神奈川・横浜BAY HALLで開催した。

 爽やかなストライプ柄の衣装で登場したメンバーを、会場に集まったファンは大きな拍手と歓声で出迎えた。1曲目は、11月7日にリリースしたばかりの日本デビュー曲「Hwi hwi」からスタート。軽快な口笛のイントロと、恋に落ちた女の子の気持ちを歌った歌詞が印象的な1曲に仕上がっている。


 最初のMCでは、「LABOUM 1st LIVEにお越しの皆さん! いらっしゃいませー! こんにちはー! 私たちは『LABOUM』でーす」と、元気よくあいさつ。今回が1年ぶり2度目の日本でのワンマンライブということで、リーダーのユジョンに「今の気分はどうですか? 」と聞かれると「緊張する! 」、「ドキドキ! 」と口々に叫ぶメンバーたち。「でも! 皆さんがいるから大丈夫で~す! 」と、日本のファンに会えて安心した様子。

 「今日は皆さんといい思い出をたくさん作りたいです! 」と、ユジョンが声高らかに宣言し、次のステージパフォーマンスへ。キュートなダンスが人気の「AALOW AALOW」と韓国デビュー曲「Pit a Pat」で、会場のボルテージも急上昇。

 「Pit a Pat」の途中で、履いていた靴が壊れてしまったソヨン。「皆さん、私は大丈夫よ。プロだから(笑)」と、心配してくれたファンに笑顔で答えた。すると、すかさず「ライブよ。これがライブよ」と、何が起こるかわからないのがライブだと真面目な顔で話すソルビンに会場も爆笑。

 ユジョン、ソヨン、ソルビンの3人がステージに残り、日本デビュー曲「Hwi hwi」のリリースイベントで訪れた日本各地の美味しかった食べ物の話に。「お好み焼き、たこ焼き、卵焼き、手羽先、焼肉、パン、寿司、刺身、もつ鍋…」と、話し出すと止まらない3人。「『LABOUM』は、食べ物の話になるとテンションが上がります(笑)」と、照れるソルビンのキュートな魅力にファンもくぎ付け。


 ここからは、メンバーのソロステージタイム。トップバッターは、Ciaraの「Promise」をヘインがカバー。シースルーのシャツを着て、髪をかきあげながらセクシーなダンスでファンを誘惑した。続いて、キャップを目深にかぶって登場したのはZN(ジエン)。元「SISTAR」ヒョリンのコラボプロジェクトとして生まれた楽曲Hyolyn&Changmoの「Blue moon」を、リズムに乗りながらキレキレのダンスで披露した。

 ソルビンは、イスに座りながら感情たっぷりにバラードでファンを魅了。ソヨンは、Ariana Grandeの「No tears left to cry」を抜群の歌唱力で歌い上げた。最後に、日本語を猛勉強中だというユジョンが、大原櫻子の「キミを忘れないよ」を日本語で完ぺきに歌い、ファンからも大きな拍手が送られた。

 続いては、白いワンピースに着替え、クールな大人びた表情でガラリと雰囲気をチェンジ。日本デビュー曲「Hwi hwi」収録曲の「killer killer Tune」や、ソヨンが手掛けた「Between Us」など、最新曲を立て続けに披露した。最後は、振り付けがかわいい「Shooting love」でファンも一緒になって躍って、大盛り上がりのなかライブは終了した。

 アンコールは、ライブTシャツに着替えてステージに再登場。ユジョンが作詞作曲したバラード曲「Be the light」と、サビのキャッチーなメロディがクセになる「Fresh Adventure」の2曲を披露。「今日は本当に本当にお会いできてうれしかったです! とても楽しかったです! 」と、笑顔で話したヘイン。「またすぐ皆さんに会えるように、一生懸命準備していますので、楽しみにしていてくださいね~! 」というメンバーからの報告にファンも大興奮となった。

 次はどんなステージで「LABOUM」に会えるのか、今から楽しみだ。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.