Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】「U-KISS」、連続ドラマ「KBOYS」第5話にイケメンカフェ店員役で登場! 「イケメン役は新しい経験で楽しかった」

コメント

2018/11/06 20:49配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

K-POPに魅せられた日本の男子高校生たちが、K-POPアイドルを目指して、仲間と共に夢に向かって奮闘する青春ドラマ「KBOYS」(ABCテレビで放送&動画配信サービスGYAO! で同時に無料配信中)の第5話にゲスト出演する「U-KISS」。
4人揃って、日本のドラマに出演するのは初めてとなる彼らが演じるのは、イケメンカフェ店員役。撮影を終えた彼らが、役の衣装のままインタビューに応じ、撮影を振り返りながら、自分たちの練習生時代の話などを語ってくれた。

【画像】「U-KISS」、個別インタビュー


Q.日本のドラマに出演すると聞いて、どう思いましたか? 

キソプ:日本で活動を始めたとき、日本でこれからやりたいこととして、みんなドラマとか映画とかミュージカルという話をしていたんですけど、今回4人でドラマに出演することができて、とてもうれしかったです。
ジュン:ドラマの内容を聞いて、今K-POPアーティストを目指す練習生たちとか、K-POPアーティストみたいになりたいと思っている人たちが、「KBOYS」を見て、夢を叶えたら、すごくうれしいと思いました。


Q.撮影をしてみてどうだったか、感想を聞かせてください。

キソプ:日本の撮影のスタイルが、韓国とは全然違っていてびっくりしました。
フン:僕らにとっては珍しい経験でした。
ジュン:とにかく仕事が本当に早いです! 撮るペースがすごく早くて。
フン:例えば、韓国でPV撮影をすると、普通1日以上かかりますが、僕がソロ活動のとき、日本でPVを撮影したら、朝に始めて夕方には終わりました。だから、PV撮影の時も感じましたが、ドラマでもそうなんだなと思いました。
ジュン:一緒に撮影したゆうたろうさんという日本の俳優さんがいましたが、すごく演技が上手いと思いました。NGもなく、1回で撮影が終わるから、“えっ、すごい! ”って。
キソプ:集中の仕方がすごかったです。
フン:俳優さんもそうだし、スタッフの皆さんも全員集中していて、パッパッパッと撮っていくみたいな感じですね。
イライ:僕も本当に楽しかったですけど、監督さんが「ハイ、OKです~。OKじゃない? 」って言ったので、本当に大丈夫かなと思いました(笑)。韓国では、1回でOKでも、念のため何回も撮るので。だから、今回あまりにも早かったので、“僕は上手くできたんだろうか? ”と心配になりました(笑)。


Q.ドラマでは、4人ともイケメンカフェ店員役ですが、聞いたときどう思いましたか? 

キソプ:メンバーに似合う役だと思いました。


Q.たしかに、きょう着ているこの衣装もすごくお似合いですよ! 

フン:よかったー(笑)。
キソプ:なんか、韓国でもいろんな役をやりましたが、イケメンという役をしたことがないから、新しい経験でした。本当に楽しかったです。
ジュン:僕は役のことより、日本で演技をすることができて楽しかったですね。台本を読んで、すごく楽しそうって思って、ずっとイメージトレーニングをしながら、ここで僕がどうすれば、もっとイケメン店員に見えるかなとずっと考えました。


Q.イケメンカフェ店員をどう演じようと思って、撮影に臨んだんでしょうか? 

フン:メンバーみんな、ちゃんとイケメンだから、カメラアングルを見ただけでも、“あ~、やっぱりイケメンカフェだな”と思えたので、心配はありませんでした(笑)。むしろ、自信があったんです。それより日本語のセリフをどう話すかを一番考えて頑張りました。
キソプ:この衣装を着たら、僕は前、ミュージカル「カフェ・イン」に出演したことがありますが、その時とちょっと衣装が似ていたので、ミュージカルの記憶が蘇って、いろいろ頭の中で考えました。
イライ:僕はセリフが2つしかなかったですが、1週間ほど練習しました。でも、撮影が終わったら、すぐ忘れちゃいました。(笑)。
キソプ:ハハハ。もうあっという間に。
ジュン:でも、イライさんは僕と一緒に撮影しましたが、発音がすごく日本人っぽいなと思いました。発音がキレイで、ビックリしました。
イライ:(滑舌よく)ぜんぜん。
一同:(大爆笑)。


Q.ドラマはK-POPアイドルを目指す高校生たちの物語ですが、皆さんはどういうきっかけで歌手を目指し、デビューしたんでしょうか? 

キソプ:もともと歌とダンスが趣味だったんですけど、中学生のときに音楽番組で、「東方神起」先輩が踊っている姿を見て、僕もやりたいなと思いました。それで、僕も「東方神起」先輩のようになりたいと思って、いろいろな事務所を探して、オーディションを受けたり、練習をしたりして、デビューしました。
フン:僕はもともと俳優になりたかったです。それで、俳優になるために事務所に入って、いろいろ練習していたら、社長がフンの声を聴いて、「お前、声いいね。歌ってみて」って。それがきっかけで歌い始めて、音楽はもともと好きでしたが、ずっと練習して、歌い続けていたら、諦めたくないなと思って。そこから歌手になりたいと思いました。その頃、いつも聴いていたのはキム・ボムスさんの曲。大先輩ですね。
キソプ:「ボゴ~シプタ」(ドラマ「天国の階段」のOST「逢いたい~ポゴシプタ」を歌う)
フン:いつもそのバラード曲を聴きながら練習していて、いつか先輩に会ったら、必ずサインをもらおうと思っていたら、偶然会って、サインをもらって、夢が叶いました(笑)。
イライ:僕はずっとアーティストになりたかったです。その時、お父さんから韓国でK-POPグループのオーディションがあるという情報を聞いて、オーディションを受けました。それがきっかけで、「U-KISS」のメンバーになりました。
ジュン:僕はK-POPアーティストになりたくて、色々頑張りましたが、あまり上手くいかなかったです。その時、今の事務所のオーディションに受かることができました。だから今、こうして兄貴たちと活動できています。」


Q.練習生時代はどんなことが大変でしたか? 

キソプ:休む時間もないぐらいに、ずっと練習していたんですが、例えば朝10時からトレーニングが始まります。ジムに行って、ボーカルトレーニングをして、ダンスをして、日本語、英語など外国語の勉強までしないといけませんでした。1日のスケジュールがいっぱいで、それを毎日こなしていくのが一番大変でした。
ジュン:僕は練習生のとき、学校も行って練習もしなければいけなかったので、本当に大変でした。ちゃんと寝る時間もなかったです。もし、将来自分に子供ができたら、そういう生活をしてほしくないです。もし、やりたいって言ったら反対します。
イライ:僕の家族は全員アメリカに住んでいるので、一人でアーティストになるため、韓国にきました。だから、練習生のとき、みんなは練習が終わると、家に帰って、家族と一緒に過ごしますが、イライは一人だったのでとても寂しかったです。
フン:僕もデビューを準備していた頃、一人暮らしでした。それがとても寂しくつらかったです。


Q.もしまた次、日本のドラマに出るとしたら、どんな役をやってみたいですか? 

キソプ:学生役をやりたいです。この衣装を着ると、ちょっと年が上みたいに見えるんじゃないですか。若くしたいです(笑)。
フン:ハハハ。
キソプ:「花より男子」のF4みたいに、イケメン学生役をやりたいです。
フン:フンは命を懸けて彼女を守るファイター役。彼女は借金があって、追われているという設定で、危ない状況になったとき、僕が鍛えたいい体を見せながら、命を懸けて守る、みたいな役をしたいです(笑)。
イライ:イライはコミカルな演技なら、役はなんでもいいです。セリフは決まっているけど、途中でアドリブを入れたりしながら。
ジュン:ジュンはシェフと会社員。今までは学生役ばかりだったから、次は大人の役に挑戦したいですね。


Q.K-POPアイドルを目指す人たちにメッセージをお願いします。

キソプ:僕たちは結成10周年を迎えましたが、振り返ってみると、練習生のときが一番つらかったなと思います。でも、それを乗り越えて、自分がやりたいことを諦めないで、まっすぐに前だけを見てほしいです。
フン:キソプと同じく、一番きついのは練習生のときだと思いますね。やっぱり自分がいつデビューするのかも分からないし、自分の未来がちゃんと決まっていない感じだから。でも、その一番つらいときを乗り越えて、諦めないで、ずっと練習を頑張りながら希望を持っていたら、いつか必ずデビューして、ファンの皆さんとのステキな出会いがあると思います。
イライ:いつも頑張ってください。そして、夢に向かってまっすぐ前を見て、ずっとそれだけを見てほしいです。
ジュン:自分の実力を上げるためには、厳しい状況が本当に必要だと思います。これはジュンが経験して感じたことだから。何があっても、大変だなと思わないでほしいです。もっと頑張ったら、自分の実力がすごく上がるポイントになるから、頑張ってください。そして、早くデビューして、会いましょう! 


 インタビューでは、デビューにまつわる知られざる秘話や、苦労話なども飛び出したが、昔を懐かしく振り返るように、明るく笑いながら語っていた「U-KISS」。そんな試練を前向きに乗り越え、力に変えたからこそ、デビュー10周年を迎えられたぐらいの活躍、成功があったのだと改めて感じさせられた。

 ドラマ「KBOYS」では、メンバーたちが日本の若手俳優とどんな場面で、どんな芝居を見せてくれるのか。「U-KISS」が登場する「KBOYS」第5話もお見逃しなく! 





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.