Wコラム インタビュー

【公演レポ】カラム(KARAM)、「アコースティック LIVE &トーク」でファンと心を一つに「世界が終わるまで、この絆を大切にずっと一緒に歩いていこう」

コメント

2018/10/23 22:50配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

ことし6月にソロとして初のシングル「Rise Up」をリリースし、7月にはミュージカル「GRIEF7」、8月には舞台「マイ・バケットリスト」で変幻自在に多彩なキャラクターを好演するなど、歌手、俳優として大活躍中のカラム(KARAM)。

【画像】「カラム アコースティック LIVE &トーク」

 10月8日(月・祝)にミュージカルの打ち上げファンミーティングを開催したのに続き、10月9日(火)には東京・シダックスカルチャーホールにて、「カラム アコースティック LIVE &トーク」を2公演開催した。

 今回は生バンドを従えての臨場感あふれるライブとあって、ダンス封印で、思い入れのあるJ-POPのカバー曲を中心に、男性ボーカリストの曲はもちろん、女性ボーカリストの曲まで、曲によって歌唱法を変えながら、高い歌唱力を存分に発揮し、得意の日本語トークでもファンとコミュニケーションを図りながら、笑いと感動を届けた。

 この日の昼公演は、「スキマスイッチ」の「全力少年」、「君の話」を熱唱し、オープニングを華々しく飾ったカラム。「きょうカラムのLIVE &トークにお越しいただき、ありがとうございます! 」とあいさつすると、1曲目に「全力少年」を選曲した理由を語り始めた。この曲は、舞台「MAGIC×MAGIC」でインジュンが劇中、歌っていたもので、インジュンに「今度ライブをするから歌っていい? 」と聞いたら、「イヤだよ。自分がアピールできる曲なのに、なんでカラムが歌うんだよ」と断られたのだとか。だから、「すごい寂しいこと言うね~」と言ったきり、インジュンには内緒で歌ったというカラム。「インジュンのSNSに、“カラムが『全力少年』歌ってました”って自慢していいですよ。先に歌っちゃったからね。あいつ全部歌ってないですから。こっちはフルで歌いましたから、勝ちです(笑)」とイタズラな表情を見せた。

 そして、型にハマったことはしたくないと、普通はライブ終盤に行われるバンド紹介を先に行い、ギター、カホン、キーボードを担当する3人に、カラムがインタビューをしながら、アットホームな雰囲気を演出。客席にいるファン、スタッフも含め、「この会場にいる全員で、楽しく昼公演を過ごしたいです」とし、「皆さんと作っていくLIVE &トーク、始まります~」と本格的にライブの幕を開けた。

 次は、「昭和の曲が好きだし、歌い方も昭和っぽい」と話すカラムが、「君を忘れない」、「なごり雪」を優しく甘い声で、伸びやかに歌い上げ、ファンもうっとり聴き入った。このような昭和的な曲が好きになったのは、韓国のシンガーソングライター、故キム・グァンソク氏の影響があるそうで、好きな曲として「三十歳の頃に」を挙げたカラム。「30歳になったカラムはいったいどういう姿になっているのか、個人的に楽しみ。年を取るのは嫌いじゃない。むしろ、一番楽しみにしているのは40代。僕が思う男性の魅力の絶好調は40代だと思っているので、早く40代になって、また皆さんの前で、そのときの考えとかを話しながら歌ったりしたいです」と明かした。

 そして、次はテンポ感よく、楽しんでほしいと会場の雰囲気を変え、好きな曲だというユンナの「ほうき星」に続き、back numberの「瞬き」を高音をキレイに出しながら切なく、力強く歌い、ファンの心を震わせた。

 トーク中、イスに座りながら、両足をブラブラさせるカラムに「可愛い~」という声が飛ぶと、「これ可愛いの? マジで? じゃあ、もっとやってあげるよ」と茶目っ気たっぷりに足をブラブラさせ、ファンサービスにも余念がないカラム。次は、「韓国語の曲で、歌詞の内容を聞き取れないと思いますが、言葉が通じなくても、人の感情はつながっているものだから、たっぷり感情を込めて歌います」とイ・ムンセの「口笛」を熱唱した。

 そして、口笛というと、父親を思い出すというカラム。「お父さんが亡くなってから6年経ちますけど、すごい上手かったお父さんの口笛、たまにまた聞きたいなと思うし、口笛のことを思い出すと、懐かしいなと思うこともあるし、切なく悲しくなることもあるんですけど、僕にとっては大切な思い出なので、今回いろんな思いを込めて、『口笛』をセットリストに入れました」と語った。

 そんな中、客席でファンがつぶやいているのをキャッチしたカラムは、「言いたいことがあったら、手を挙げて言っていいよ。きょう気楽にやろうと思ってるから」とファンとのコミュニケーションを大事にし、ファンの声に耳を傾けた。ファンから「私のいまの気持ちに響く歌詞ばっかりだったから、涙が止まらない。だから、来てよかった」と言われたカラムは「ありがとうございます。こういうことを聞くと、いい影響を受けて、また次から頑張れるんだよね」と笑顔を見せた。

 さらに、カラムの日本語が上手いと感じるときはいつか、という話になり、ファンから「お父さんのことを“おやじ”と言うとき」と言われたカラムは、「そしたら、おやじの話をしてもいいですか? 」と父親の話を始めた。

 「僕の中では、世界で一番強いヒーローでした」と父親との大切な思い出を懐かしそうに語り、「おやじが亡くなる3か月前から、思い出作りをしましたけど、人ってなくなる前、急いで何かを教えてあげようって感覚になるんですかね。いろんなことをしゃべって、そのときに聞いたもの、教えてもらったものをいまでも大切にしています。本当にもう少しだけ生きてくれていたら、って思うこともあるんだけど、おやじのおかげで、家族の大切さをもっと知りました。亡くなってから、その大事さが分かるんだけど、そのときは遅いから、皆さんも自分の家族をいま、少しでも大切にしてほしいな。これは経験者としての話です」と伝え、会場が感動的な雰囲気に包まれていると、急に「話長くなっちゃったな~」と時間を気にし始めたカラム。

 すでに30分オーバーしていることを知ると、この後すぐ、舞台「あなたもきっと経験する恋の話」の制作発表会が控えていたため、「やっべぇ。ヤバイね(苦笑)。じゃあ、聴いて」と気持ちを切り替え、初めて聴いたとき、歌いやすい曲だと思ったという韓国ドラマ「先にキスからしましょうか」のOSTとして話題になったポール・キムの「Every day, Every Moment」を披露した。

 続けて、「僕らしく歌いたいです」とアニメ「犬夜叉」のエンディングテーマにもなったBoAの「Every Heart -ミンナノキモチ-」を歌った後、「僕たちも糸みたいにつながっている。結べば結ぶほど、そのつながりが固くなって、切れなくなっていく。そういう強い絆になるので、僕たち一人ひとりが糸だと思って、太いひもになっていく瞬間をありがたく思いながら、準備しました」と名曲「糸」を情感たっぷりに熱唱。最後は、カラムのソロ1stシングルのカップリング曲「I‘m Sorry」で本編を締めくくった。

 アンコールでは、事前に知らせていた通り、「Rise Up」を初めてバンドと共にアコースティックver.で披露。オリジナルとはまた違う味わいながら、パワフルさはそのままに、ファンも一緒に歌うなど、会場が一体となって盛り上がった。

 「むちゃくちゃ楽しいね~」と充実した表情を浮かべるカラムは、最後の曲紹介へ。「今回は1つずつ曲に関して、意味を持たせて、皆さんに聴かせたくて、準備しました。世界が終わるまで、ずっと僕と一緒に歩いていきましょう、という意気込みを込めて、力強く歌いたいです」とし、ラストの曲として選曲したのは、アニメ「SLAM DUNK」のエンディング「世界が終わるまでは」。

 「死ぬまでじゃないですよ。世界が終わるまで。ちょっと悲しくなっちゃうかもしれないけど、僕も含めて、誰かが死んでしまっても、世界は終わっていなから。僕は死んでも、魂の世界、魂の存在を信じているので、世界が終わるまで、僕たちはさっきの糸みたいに、くっついて、くっついて、ずっと永遠に、この絆を大切に思ってほしいです」と力を込めると、「世界が終わるまでは」を熱く歌い上げ、その姿にファンも胸を打たれた。

 カラムは「きょうは本当にみんなありがとう! 」と叫ぶと、10月10日にオープンした日本オフィシャルファンクラブ「RamuChu」のポーズ(Chuのところで、投げキスのように手を斜めに上げる)をファンと一緒にコールしながらやり、最後は楽しい雰囲気のまま幕を閉じた。

 今回の公演では、メッセージ性を込めたセットリストと、本音トークでファンとしっかり向き合ったカラム。その磨き上げた表現力で、次は11月の舞台「MIRRORION」でどんな姿を見せてくれるのか、ますます期待される。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.