Wコラム インタビュー

【公演レポ】後編~KEVIN、「MYNAME」、「JG」、JINSEOKらイケメン競演「MenDress 2018Autumn」にファン大熱狂!

コメント

2018/10/19 21:12配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

日韓の人気実力を兼ね備えた男性ダンスボーカルグループやフレッシュなユニットを集めた日本最大級のメンズアーティストフェス「MenDress」。
前回3月に大盛況だった第1回に続き、第2回となる今回は「MenDress 2018Autumn」と題し、10月13日(土)東京・品川ステラボールにて開催。各組のライブステージはもちろん、前半後半2回にわたって、出演者が12人ずつ参加する企画ステージも展開され、見どころたっぷりの内容で観客を楽しませた。

 今回はヘッドライナーとして、フェスのラストを飾ったのが「MYNAME」。客席はすでに総立ちで、彼らの登場を待ちわびていただけに、4人が姿を現すと、悲鳴のような歓声が。

【画像】「MenDress 2018Autumn」~「MYNAME」編

 「東京、盛り上がっていきましょう! 」とセヨンが客席をあおり、キレキレのパフォーマンスが目を引くダンスナンバー「Baby Tonight」で幕開けた。さらに、「Alive or Fallen」で楽しい雰囲気を継続した後は、コヌがファンへの想いを込めて作詞作曲した「きせき」を歌い上げ、さまざまな魅力でファンを熱狂させた。

 全員であいさつした「『MYNAME』」は「皆さん、こんにちは。お久しぶりです。『MYNAME』のジュンQです」、「初めまして。『MYNAME』のチェジンです。よろしくお願いします」、「僕の名前は? (客席「セヨン! 」)『MYNAME』のセヨンと申します。よろしくお願いします! ハイ、ということで僕ら『MYNAME』」とセヨンが自己紹介を締めくくろうとすると、「ちょっと待って」とコヌ。「ゴメン、ゴメン。忘れた(笑)」とセヨンとコヌでひと笑いとった後、「こんばんは。『MYNAME』リーダー、コヌです。よろしくお願いします」と4人が自己紹介を終えた。

 この日、フェスのMCとしても会場を盛り上げてきたセヨンは「『MYNAME』を待っていたお客さんもたくさんいたと思うし、『MYNAME』もこのステージを待っていました」と明かし、次の曲はみんなで歌える曲だと紹介。


 そして、「『MYgirl』(=「MYNAME」のファン)の皆さんは知ってると思うけど、いろんな方のファンも、KEVINのファンの方も本当に簡単なんで。KEVINも楽屋でやってくれたんで、一緒にやってください」と振付のポイントを練習してから、6thアルバムの収録曲「Lovestruck」を披露。「Eh Oh Eh Oh~」の部分を会場も一体となって歌い踊りながら、ノリノリで楽しい雰囲気に。

 続けて、「ノム very マ ~too very so MUCH~(Japanese ver.)」ではファンの掛け声がさらに大きくなり、会場のボルテージはますます高くなった。

 この日、会場の楽屋で、ABCテレビ(関西)&GYAO! で同時に放送・無料配信している連続ドラマ「KBOYS」の撮影をしたことも明かした4人は、唯一セリフがあったというコヌが、そのシーンを再現して見せる一幕もあり、ファンの期待を高めた。

 そして、「僕らを愛して、応援してくれるファンの皆さんがいるから、僕らが存在できていると思います」(ジュンQ)、「ファンの皆さんの前で歌うのもそうだし、いろんなことができるのは皆さんのおかげだと思います。ありがとうございます」(チェジン)と改めてファンに感謝し、4人では初めてとなるライブツアー「MYNAME ZEPP TOUR 2018~KISEKI~」(10月17日東京、28日大阪、11月1日東京)に向けて、「皆さんに感謝の気持ちを伝えるには、練習しかない」(セヨン)と練習にまい進していることを明かすと、「『MYNAME』のステキなステージを見に来てください! 」と意気込んだ。


 セヨンの「次の曲、聞いて聞いて~! 」の合図で、「タンマレ~はっきり言って~(Japanese ver.)」に続き、「We Made It」ではメンバーたちも客席もジャンプをしながら、タオルをグルグル回して盛り上がり、最後は「『MYNAME』の曲の中で一番盛り上がれる曲です」(セヨン)と「SUMMER PARTY」へ。

 メンバーたちは、最高潮に達したボルテージをさらに引き上げ、曲中のコール&レスポンスではセヨンが「SAY ジュンQ」、「SAY コヌ」、「SAY チェジン」、「SAY インス」、「SAY セヨン」とメンバー全員の名前を叫び、「盛り上がりましょう! 」と最後まで全力で歌い切り、ラストを飾るのにふさわしい圧巻のパフォーマンスを届けた。

 全組のステージが終わると、フィナーレでは全アーティストがステージ上に勢ぞろい。MCのセヨンが、セクシーな友達だというKEVINに「うちのプリンスさま、きょうの感想を一言お願いします」とマイクを向けると、「きょうとても楽しかったです。ほかのアーティストのイベントが初めてだったのですごく新鮮で、ステキなパフォーマンスとステージが見られて、すごくよかったと思います」とKEVIN。

 ほかの出演者も充実した表情を浮かべた。その後、客席をバックに記念写真を撮影し、第2回となる「MenDress」は大盛況のうちに幕を閉じた。






この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.