Wコラム インタビュー

【公演レポ】チョン・セウン、「MXM」、「THE BOYZ」が競演の「11th KMF2018」東京公演大盛況! 全組が新曲を日本初披露&スペシャルステージにファン大興奮

毎年9月に開催され、新人アーティストたちの“スター登竜門”とも言われるK-POP音楽祭「KMF」。ことしで11回目の開催となる「11th KMF2018」は、昨年に引き続き、「LOVE KMF」をテーマとし、「プロデュース101」シーズン2出身のチョン・セウン、「MXM」、「THE BOYZ」(東京公演)、「RAINZ」(札幌公演)というまるで“プデュ同窓会”のような豪華ラインナップで、フレッシュな“最強新人祭り”となった。

【画像】「11th KMF2018」東京公演

 特に、今回は3組とも、韓国でのカムバックを終え、新曲を引っさげての来日となるため、新曲を日本初披露したほか、スペシャルMC、スペシャルステージなども用意され、最高のステージでファンを魅了した。

 9月14日(金)Zepp DiverCity TOKYOにて幕を開けた東京公演1部は、平日昼にもかかわらず、各地から駆けつけたファンでぎっしり。スペシャルMC に選ばれた「THE BOYZ」のビジュアルラインで、バミューダ3人組と呼ばれるヨンフン、ヒョンジェ、ジュヨンが「3人でのMCはドキドキします」などと言いながら、日本語での初々しい進行ぶりを見せ、客席を盛り上げてスタートした。

 トップバッターは、HIPHOPの名家BRANDNEW MUSICに所属するイム・ヨンミンとキム・ドンヒョンで構成された「MXM」。2人とも「プロデュース101」シーズン2出身で、実力の高さをアピールし、人気の高い練習生だったことから、番組終了後の昨年7月には先行公開曲「Good Day」を発表し、9月6日に正式デビュー。日本でもすでに東京や大阪などでファンミーティングなどの公演を行い、人気急上昇中だ。

 大歓声で迎えられた中、ダンサーを従え、「I’M THE ONE」、「完ぺきに完ぺきだ」で息ぴったりの華やかなパフォーマンスを繰り広げながら、若さ弾けるキュートな魅力を発揮した「MXM」。「久しぶりに日本のファンの皆さんの前で公演をするんですが、本当に楽しいです」(キム・ドンヒョン)、「このようにたくさんの方と一緒に楽しめて光栄だし、うれしいです」(イム・ヨンミン)ととびきりの笑顔を見せ、テーマである「LOVE」にちなんで、みんなでハートを送り合おうと提案し、2人は一緒に全身でハートを作ってファンの心をガッチリつかんだ。

 さらに、「ERRDAY」、「DIAMOND GIRL」を披露した「MXM」は、10月6日から始まる初のZeppツアーの話題にも触れ、Zeppツアーで披露する曲の中から、8月14日にリリースされた初のフルアルバムのサブタイトル曲「CHECKMATE」の一部をその場で踊って見せ、「Zepp公演でフルバージョンをお見せしますので期待してください! 」と自信を示した。



 そして、スペシャルステージとして、「プロデュース101」シーズン2のポジション評価で披露したジコ(Block B)の「Boys and Girl」をパフォーマンス。イム・ヨンミンの低音ボイスのキレのあるラップ、キム・ドンヒョンの甘い歌声が心地よく響き、会場の熱気をさらに高めると、最後は初のフルアルバムのタイトル曲「YA YA YA」を日本初披露。思わず口ずさみたくなるような軽快なメロディーに乗せて、楽しい雰囲気を作り、可愛さあふれるパフォーマンスで、客席を笑顔いっぱいにした。

 続いてのステージは、MCのヒョンジェから「甘く優しい歌声に癒やされてください」と紹介されたチョン・セウン。「プロデュース101」シーズン2では、惜しくも12位となったが、昨年8月31日に1stミニアルバム「EVER」でソロシンガーとしてデビュー。日本には、ことし2月に札幌で開催された「第69回さっぽろ雪まつり 10th Anniversary K-POP FESTIVAL2018」で初来日を果たして以来、今回が2度目の来日、初の東京進出となる。

 手を振りながら、柔らかな笑顔で登場し、「IRONY」を美しい歌声で歌い上げたチョン・セウンは「私はセウンです。今回日本2回目なんですけど、僕の歌が皆さんに、ちょっとだけでも力になれたらと思います」と日本語であいさつし、大きな拍手を浴びた。

 そして、客席にポニョの人形を持っているファンを見つけると、「実際に僕を見てみて、似ていますか? (笑)」とファンと触れ合いながらトークを進め、ほかにも「ギターマン」というニックネームや、ソロアーティストだが「チーム・チョン・セウン」というニックネームがあると話し、次の曲では「チーム『チョン・セウン』でセクシーを担当しているチョン・セウンを呼びたいと思います。あまり期待しないで、気軽に楽しんでください」と茶目っ気たっぷりに曲ふりをし、「Toc, toC! 」を披露。曲中、両肩だけジャケットを脱いで、また素早く着る、いわゆる「ジャケットプレイ」でセクシーさを見せ、ファンの歓声を浴びた。

 さらに、「デビューしたときのワクワクした気持ちで歌います」とデビュー曲「JUST U」を熱唱した後は、「プリン」と名付けたギターを抱え、「皆さんのために準備しました」とスペシャルステージへ。「夢ならば~」と歌い出すと、会場は「キャー」と騒然。米津玄師の「Lemon」を弾き語りするチョン・セウンの透き通った歌声に耳を澄ませるように、会場は一瞬にして静まり返り、うっとりと聴き入った。

 最後は、7月23日にリリースされた韓国2ndミニアルバムの中から、どんな季節にも聴きやすいという収録曲「Eye 2 Eye」、作詞に参加したタイトル曲「20 Something」を癒しの歌声で届け、「これからも力になる歌を歌うために、もっと頑張るセウンになります」と日本語で最後のあいさつをし、ステージを後にした。

 最後を飾るのは、「プロデュース101」シーズン2で注目を浴びたチュ・ハンニョンや、Mnetの「高等ラッパー」で活躍したソヌらを擁し、結成当時から音楽界で“ドリームチーム”と呼ばれたイケメン揃いの超大型新人「THE BOYZ」。特に、足の手術により活動を中断していたファルが9月に復帰したばかりで、12人の完全体でのパフォーマンスが見られるとあって、登場と同時に熱狂的な歓声が上がった。

 ファンキーなダンスナンバー「Giddy Up」で迫力のあるオープニングステージを飾り、一気に会場の熱量をMAXにした「THE BOYZ」。彼らも1人ずつ自己紹介した後、客席に向かって、各自ハートポーズをしながら、ファンへの愛を示した。

 フォーメーションで飛行機のように見せる、彼らの元気いっぱいな爽やかさが楽しめる「Keeper」、“メビウスの輪”をイメージしたダンスが目を引くデビュー曲「Boy」で、統率のとれたカッコいいパフォーマンスを繰り広げたメンバーたちは、愛嬌タイム

へ。

 まず、チュ・ハンニョンが愛嬌3種セットということで、“キャー、ワー、タン”の合図に合わせて、愛嬌を披露すると、あちこちから「可愛い~」の嵐。サンヨンは「ひょっこりはんだよ」と決め顔をし、ニューは好きな日本の歌だという西野カナの「君って」をアカペラで披露。エリックも「愛してる~」と愛嬌を見せ、相次ぐメンバーたちの魅力アピールにファンも大興奮! 

 「皆さんの熱気がすごくて、汗が止まらない」というメンバーたちは、スペシャルステージとして「EXO」の「LOVE ME RIGHT」をカバー。彼らならではのパフォーマンスで魅せ、さらに会場のボルテージを上げると、最後は9月5日にリリースされたばかりの韓国1stシングルの収録曲「L.O.U」、そして、ダンスナンバーのタイトル曲「Right Here」をお披露目し、華やかな熱いステージを締めくくった。

 エンディングは、3組の全出演者がステージに集まり、サインボールを投げ入れるなどのファンサービスをしながら、「風船」を歌い、お祭り的な楽しい雰囲気を演出。「MXM」は「とても楽しかったです。日本のファンの皆さんと一緒に過ごせてうれしかったです」、チョン・セウンは「東京は初めてなんですが、楽しかったです。また皆さんと一緒に楽しめる日が早く来たらうれしいです」、「THE BOYZ」は「皆さん、一緒にできてうれしかったです。ありがとうございました! 」と感想を伝え、フィナーレを飾った。

 公演後は、出演者全員参加の「GFSCチャリティーMeet&Greetスペシャルハイタッチ会」が行われ、出演者はファン一人ひとりと目を合わせながらハイタッチを行い、スペシャルな時間をプレゼント。

 さらに、その後、「11th KMF2018」の特別広報大使を務める「MXM」が「『11thKMF2018』特別広報大使スペシャル“Meet&Greet”」を行い、ファンへの感謝の気持ちを伝えながら、明るいハッピーウイルスを拡散。

 1分間の自己PR対決では、イム・ヨンミンが「ニックネームはアルパカです」とアルパカの動きをしてみたり、愛嬌を見せたり、「ダンスもカッコよく踊れるよう頑張ります! 」と照れまくり、30秒ほどで終了。キム・ドンヒョンは「末っ子担当です。作詞、作曲をしています。ダンスも頑張っているので、温かく見てください」など次々とアピールポイントを口にし、「おいしいラーメン屋さんがあったら教えてください」とファンとのコミュニケーションも図り、PR対決はキム・ドンヒョンの勝利となった。

 続く「にらめっこアイビームタイム」では、客席のファンが「MXM」を笑わせるというゲームだったが、2人とも客席を見渡しながら、すぐに笑ってしまい、勝ったファンへのご褒美として、2人の写真が撮れるフォトタイムをプレゼントした。

 また、2人はZeppツアーに向けての意気込みを“宣誓”する場面も。「僕たちのデビュー1周年記念でもあり、初フルアルバムリリース記念でもあり、僕たちの夢でもあるJapan 1st Zepp Tour 2018『MXM WORLD』を応援してくれる日本のファンの皆さんと一緒に、楽しく、熱く、感動的な一生の思い出を作るべく、正々堂々と全力で挑むことを誓います! 」と力いっぱいに宣誓。
そして、最後はファンを見送りながら、Zepp公演のインビテーションカードを直接手渡しし、Zeppツアーへの期待をさらに高めた。

 なお、大盛況のうちに終了した「11th KMF2018」東京公演の後は、9月16日(日)札幌公演が開催され、スペシャルMCは1部がチョン・セウンと「MXM」、2部はRAINZのソンリ、ギウォン、デヒョン、ウンギが務め、ステージを盛り上げるので、札幌公演もお楽しみに! 

2018/09/17 22:43入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.