Wコラム インタビュー

【イベントレポ】カラム&キム・ヨンソク(CROSS GENE)&ソヌ(Boys Republic)、再演「マイ・バケットリスト」公開稽古で劇中歌披露

ことし2月に上演され、多くの人の涙腺を刺激し、感動を与えた韓国発ヒューマン・コメディ・バディミュージカル「マイ・バケットリスト」が8月28日(火)~9月3日(月)まで、東京・浅草六区ゆめまち劇場にて待望の再演! 初日公演に先駆け、8月27日(月)同所にて公開稽古と囲み取材が行われた。

【画像】ミュージカル「マイ・バケットリスト」公開稽古&囲み取材

 本作は、不良少年カングと余命宣告されたヘギがバケットリストをかなえるため、一緒に過ごすうちに芽生える友情のストーリー。

 今回は不良少年カング役に、日本で舞台、ミュージカル、ソロアーティストとして活躍中のカラム、そして前回も出演したミュージカル俳優キム・ナムホ、余命宣告された少年ヘギ役に、なんと前回カング役を演じ、好評を博したキム・ヨンソク(CROSS GENE)、そして俳優として舞台でも活躍中のソヌ(Boys Republic)がキャスティングされ、今回もキャストはオール韓国人、オール日本語での舞台となる。

 公開稽古には、カラム、キム・ヨンソク、ソヌが参加。まずは、カラムとキム・ヨンソクが高級車に乗るシーンで、疾走感のあるノリノリのナンバー「RUN」を披露し、ハーモニーも奏でながら、息の合ったところを見せた。

 続いて、カラムがイチオシだというテーマソング「マイ・バケットリスト」を歌唱。カラムが深みのある声で緩急をつけながら堂々と歌っているところに、甘い声のソヌが加わり、さらに安定した歌唱力を誇るキム・ヨンソクも加わって、ドラマチックに歌い上げた。

 そして、カラムを真ん中に挟み、ヘギ役のキム・ヨンソクとソヌが握手をし、最後は3人で「よろしくお願いします」と握手をしながら、温かい雰囲気を演出した後、フォトセッションへ。カラムが中心となって、立ち位置やポーズなどを決め、ステキな笑顔を見せた。

 その後の囲み取材でも、日本語が流暢なカラムがMC的な役割もしながら、アットホームな楽しい雰囲気で進行。

 まずは、それぞれ演じる役について、自分のどんな魅力をアピールしながら演じようと思っているのか? 前回カング役を演じたキム・ヨンソクは「最初は“ヘギが似合うのかな? ”と思ったんですけど、衣装を着て、カラムさんと一緒にセリフを言ったり歌を歌いながら、オレ、ヘギ似合うなと思いました(笑)。今回はヨンソクが、初めて可愛い魅力を見せたいです。グループでは僕は末っ子ですけど、あんまり可愛くないんですよ(笑)。だから、今回は『マイ・バケットリスト』で皆さんに可愛いヨンソクを見せたいです。そして、(役では)初めてメガネを使うので、新しいヨンソクを見せたいです」と新たな魅力を見せると宣言。

 また、前回2月の公演で、インジュンが演じたヘギを見たというソヌが「今回は面白くて、純粋なヘギを見せたいです」と言うと、「ま、インジュン君は面白くなかったということですね」(カラム)、「インジュンは微妙だった」(キム・ヨンソク)とすかさずツッコミが入り、会場は大爆笑。慌てたソヌは「違う、違う」と否定しながらも、「インジュンより面白く、ヘギを見せます(笑)」と話した。

 カラムは「インジュン君は(大国男児の)メンバーでもあるし、2月のヨンソクとインジュン君の『マイ・バケットリスト』を見た後、最初に思ったのは、この作品のオファーが来たら、絶対に断ろうって。なぜかというと、2人芝居で、かなりの台本の量、出演時間も長いし、インジュン君から聞いたのが、いままでいろんな作品をやってきて、一番難しかったと。それだけに意味もある作品だと聞いていたので、普通にビビッて、話が来たら、お断りしようかなと思っていたんです。でも、実際に夢みたいに話が入ってきたとき、インジュン君が言っていた、“いままで自分がやってきた作品の中で、一番意味のある、思い出になる作品だった”という言葉が頭に浮かんだんです。それで、最初はヘギ役の話をもらったんですけど、インジュン君と同じ役を演じると、比べられるし、ぜんぜん違うキャラクターを演じてみたかったので、カングの役をやることになりました。なので、カラムらしい、“カ”が一緒なのでね。カングとカラムって。それに、カって“力”という漢字に似ているじゃないですか。力が入ったカングを見せたいと思います」と説明し、カング役への愛情を示した。

 また、もう1人のカング役キム・ナムホが、昨日までミュージカル「ALTAR BOYZ」に出演していたため、稽古の半分ぐらい参加できなかったそうだが、それでも、キム・ヨンソクと共に2月の公演に出演していたこともあり、今回新キャストのカラムとソヌは2人に頼っていたというエピソードも。

 そして、先に日本に来ていたカラムとキム・ヨンソクは毎日10時間ぐらい稽古をしていたので、何も心配がないと自信を示し、明日、最初に初日を迎えるソヌも、インジュンが見に来ることを明かしたが、「(客席にインジュンがいても)演技中はぜんぜん意識しない」と同じく自信を示した。

 「ちなみに、3人のバケットリストは? 」という質問にキム・ヨンソクは「日本に1年間、住みたいです。そして、ファンの皆さんと旅行に行きたいです。冬が大好きだから、北海道に行って、スキーをしたり、ご飯を食べたり、雪を見ながら、歌も歌ったりしたいです」とし、カラムは「僕のお墓をデザインしたいです。ファンの皆さんと一緒に。最終的に僕のお家になりますから、大事な人にデザインしてもらいたい」と語った。

 ソヌは「バッグ1つで世界中を巡って、結婚もして、子供も産んで…。これセリフですけど、本当にやりたいです」と言うと、「すごいね。でも、バッグ1つで結婚して、子供も産むって。社会ってそんなに甘くないよ~」と2人からツッコミが入り、笑いに包まれたが、ヨンソクが「『マイ・バケットリスト』、大成功したいです! 」と上手くまとめた。

 最後に、注目ポイントを挙げながら、意気込みを語った3人。キム・ヨンソクは「ヘギの『SOME DAY』という曲のとき、2月には客席を決めて、お客さんに告白したんですが、今回はランダムに選んで告白します。だから皆さん、期待して見に来てください! 」と期待を高め、ソヌは「悲しい演技をやりたかったんですけど、今回初めて挑戦するので、特に『君だ』という曲に注目してほしいです」とアピール。

 カラムは「初めて見る方は、物語が過去に戻ったり、現在になったり、行ったり来たりするんで、ぐちゃぐちゃになって、理解するのが難しいかもしれないです。でも、2回ぐらい見たら、分かってくるっていうか。宝物探しみたいに、過去にこうなったから、現在はこうなっているんだ、っていうつながり的なものも隠してあるので、そういうのを探しつつ、1回だけじゃ満足できないミュージカルになっています。ぜひぜひ何回も見に来てくださると、魅力がだんだん分かってくる、そういう作品だと思います」とリピーターが続出するこの作品の魅力を伝えた。

 すでに風貌から、前回のカング役とは違い、純粋でか弱いヘギ役の雰囲気を醸し出していたキム・ヨンソク、どんな役でも器用にこなすカラム、優しそうなイメージがヘギ役にぴったりなソヌ、そして安定感抜群のベテランミュージカル俳優キム・ナムホが、笑いと涙を織り交ぜながら、どのような2人芝居を展開するのか。ぜひ劇場で、その感動を肌で感じてほしい。

2018/08/27 23:50入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.