Wコラム インタビュー

【公演レポ】Danceグループ「ONEUS」とBandグループ「ONEWE」、初来日イベントでニュースタイルのステージを披露

コメント

2018/07/30 23:04配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

卓越した歌唱力を誇るRBWから2018年デビューを目標にしている、Danceグループ「ONEUS」とBandグループ「ONEWE」が、7月22日(日)東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて、初来日イベント「僕たちデビューします! in Japan」を開催した。

 入場フリーの当イベントには、5000通を上回る応募が殺到し、公演前から熱い関心が寄せられた。当日は、来日を心待ちにしていた多くのファンたちが、会場に駆けつけた。
2部では、熱気が高まる中「ONEWE」のステージからスタート。オールホワイトでさわやかな衣装のメンバーたちは、会場を魅了。続いてブラックの衣装でまとめた「ONEUS」が、セクシーさ溢れるパフォーマンスを披露した。

 「みなさん、こんばんは~」とメンバー全員がステージに揃うと、「こんばんは! 僕たちは『ONEUS』です」、「こんばんは! 僕たちは『ONEWE』です」と、グループごとに元気にあいさつ。
MCのAKIも登場すると、まずはファンウンが「『ONEUS』は、"You Make Us"のUsと、1つという意味のOneが合わさった名前です。"ファンのみなさんが作ってくれた僕たち"という意味と、"1人1人の力が集まり、真の1つになっていく僕たち"という意味が込められています」と、続いてカンヒョンが「『ONEWE』は、"We Shine On You"のWeと、1つという意味のOneが合わさった名前です。"僕たちがみなさんを、そして世の中を照らす"、という意味があります」とそれぞれグループ名に込められた意味を説明した。

 そしてメンバー1人ずつ日本語であいさつ。「食べる口、話す口、歌う口を担当しているコンヒです。一生懸命頑張ります! 」、「カッコイイ声でラップをやっているイドです。どうぞよろしくお願いします」、「みなさん、こんばんは! 僕はRAVN(レイブン)と申します。1番魅力的な、ヤバい、セクシー、レイちゃんです。そして日本が大好きです! 日本でも韓国でも成功できるように頑張ります」、「僕はロマンチックボイスボーカルを担当していながら、世界で1番超~~~かわいい、ソホです」、「僕は愛嬌担当している末っ子、シオンです」、「はじめまして! 僕はセクシーとメインダンサーをやっている、ファンウンです」、「日本のみなさん、会いたかったです! 僕は歌いながらピアノを弾いている“ドンミョン体操”ドンミョンです! 今から一緒に遊びましょう」、「僕は末っ子ベーシスト、ラッパー、18歳、キアです。まだ高校生です。可愛く見てください」、「僕は花を担当しているギタリスト、カンヒョンです。ことしで二十歳になります。今、日本語一生懸命勉強しています。今日楽しんでください」、「僕は濃い眉毛とドラムを担当している、ハリンです。メンバーたちと日本に来ることができてうれしいです。僕は食べることが好きなので、日本で美味しいものをたくさん食べたいです」、「みなさん、はじめまして! 僕たちに会いたかったですか? 今日みなさんに会えてうれしいです。僕はメインボーカルとリーダーの、見ても見ても会いたい、ヨンフンです。みなさんの笑顔を見て胸キュンしました」と、個性豊かな自己紹介が続いた。

 デビュー前に、こうして僕たちに関心を寄せてくださって、ありがとうございます」と感謝を伝えた。自己紹介も日本語でこなしたが、他にも日本語を準備したというメンバーたち。コンヒは「これから盛り上がっていきましょう! 」と会場を煽り、イドは「俺について来い! 」とクールに一言。「早くみなさんとたくさんしゃべれるように、日本語の勉強を頑張っています。待っていてください! 」と言うRAVN(レイブン)に、「みなさん準備できましたか~」とソホ。シオンが「最高~」、ファンウンは「マジ卍! 」と若者言葉も披露し、ドンミョンは「楽しみにしてください! 」と呼びかけた。
キアの「今日みなさん、家に帰れない! 」との言葉に、応えるように「それなら僕も帰らない! 」と言うカンヒョン。ハリンは「ペコペコですね。みなさん有名なラーメン屋はどこですか? 」と笑いを誘い、ヨンフンは「会いた

かったです! 」とファンを笑顔にした。

 また、かわいいと思う日本語を問われると「大好きです」「愛してる」などと声を上げるメンバーたち。コンヒは「僕たちの曲『ピットゥルペットゥル』は日本語で『デコボコ』。デコボコは可愛いです! 」と答えた。
イドの「次は僕たちの曲をお届けしたいと思います! 」の言葉に続いてのステージでは、「ONEWE」は「Make some noise」で、観客を煽りながら、伸びやかな歌声でエネルギーを発し、「ONEUS」は「デコボコ」でキレのあるダンスで、会場を熱くした。

 「まだ足らない点はありますが、もっと素敵な姿を見せるために努力しているところです」と謙虚なファンウンは、続けて「僕たちは歌が上手なメンバーもいますし、ダンスパフォーマンスにも重点を置いています。その中心には、メインダンサー、ファンウンがいます〜! 」と挙手。すぐに照れ出すファンウンだったが、音楽がかかると表情は一変。思わず見入ってしまう華麗なソロダンスで、観客の視線を釘付けにした。ファンウンのダンスを見ながら、一緒に身体を動かしていたハリンは「見てたら踊りたくなって」と、ハリンもダンスを披露することに。ドラム担当らしからぬキレのあるダンスで会場を沸かした。

 “君の名は”と題したコーナーでは、メンバーそれぞれが魅力をアピール。韓国で大旋風を巻き起こしたオーディション番組「produce101シーズン2」に出演して、ポジション評価でBoAの「Amazing Kiss」を歌い、実力を見せたコンヒは、「多くのみなさんから愛されるきっかけを作ってくれた曲」だとし、「Amazing Kiss」の日本語バージョンをアカペラで披露し、澄んだ歌声を響かせた。ドンミョンは、番組内で注目された“ドンミョン体操”を可愛らしい音楽に合わせてダンス。続いてヨンフン、イドも“ドンミョン体操”に挑戦し、恥ずかしがらも可愛く踊って見せた。番組でも抜群のダンスセンスを見せたファンウンは、「ナヤナ」を踊り、ファンも一緒に歌ったりと会場は大盛り上がり。

 末っ子らしく、童謡で愛嬌を見せたシオン。 レイブンはファンへのコメントを用意したとし、切ないBGMをバックに「ファンのみなさん、僕がどれだけ楽しみにしてきたことか…みなさんはとても美しいです。一生、僕と一緒にいてください! 」とセリフのような甘い言葉を贈った。自身を"非公式ラッパー"だと称するメインボーカルのソホはレベルの高いラップを見せ、低音ラッパーのイドは優しい歌声を披露するなど、ギャップを感じさせ、「僕の中に小鳥が1匹住んでいます」と言うキアは、鳥の鳴き声のモノマネをしてみせた。

 「ダンシング・ヒーロー」をカバーし話題となった、韓国のお笑い芸人グループの「Celeb Five」に乗せ、キラキラの派手色ジャケット姿でバブリーダンスを踊ったりと、雰囲気を高めるメンバーたち。それだけでなく、意外なチョイスで会場を沸かせたりと、耳馴染みの曲で観客を楽しませた。

 またトークでは、デビューしてからやりたいことについてコンヒは「まず1番は、デビューした姿でファンのみなさんに会いたいです! 」と意気込み、メンバーに対してイドは「今まで感謝の気持ちも、申し訳ない気持ちもたくさんありました。デビューまでもう少しなので、頑張って成功しましょう」と気持ちを明かし感動させた。今度日本に来た時にやりたいことにソホは「日本に来て今とても気分がいいので、またこうしてお会いできたら良いです」とファンとの再会に期待し、RAVN(レイブン)は「僕は『BIGBANG先輩や、『Highlight』先輩が好きなのですが、先輩たちのように長く活動し、ステージで個性を発揮できるアーティストになりたいです。いつかは必ず東京ドームに立ちたいですし、その時まで一緒に歩み続けてくれたらありがたいです」と大きな目標を掲げた。

続いてのステージでは、「ONEWE」はさわやかに「Actor」を歌い上げ、「ONEUS」はキャッチーなフレー

ズの「English Girl」と、オリジナル曲で盛り上げた。

 公演の終わりが近づきメンバーたちは、「今日は楽しめましたか? 今日みなさんにあいさつすることができて、うれしいです。幸せな思い出を作ってくれてありがとうございます! これからもたくさんの応援と愛情をよろしくおねがいします。また会いましょう! 」(コンヒ)、「みなさんと一緒に、楽しく幸せな時間を過ごせました。気をつけて帰ってください! みなさん愛してます! 」(イド)、「初めて日本でコンサートをすることができて、幸せでした! これからもずっと、みなさんとステージでお会いしたいです。来てくれてありがとうございました! 」(レイブン)、「みなさんのおかげで本当に幸せでした」(ソホ)、「二階のみなさんも楽しかったですか? ファンのみなさんに会えて、とても幸せでした。これからもたくさん会えたらうれしいです! 」(シオン)、「いつも応援してくれてありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。愛してます」(ファンウン)

 「楽しかったですか? 僕も超楽しかったよ! 日本のみなさん、また会いましょう! 愛してるよ」(ドンミョン)、「日本語がまだまだですが、みなさんと話したくて頑張っているので、少々お待ちください。みなさん大好きです! 」(キア)、「僕たちの公演にお越しいただき、心から感謝申し上げます。また日本で公演をしたいと思いました。これからも温かく見守ってください! 」(カンヒョン)、「初めてメンバーたちと日本で公演することになりうれしいです。日本にいる間おいしい料理をたくさん食べて、みなさんにもっと良い歌を聴かせたいです! 」(ハリン)、「僕たちのデビューを応援してください! ありがとうございました! 」(ヨンフン)と、日本語で想いを伝えた。

 会場のファンとともに、記念写真で思い出を残すと、最後は「みなさんも一緒に楽しみましょう~」と「LAST SONG」へ。「ONEUS」、「ONEWE」が一緒になってパフォーマンスし、会場一体となって盛り上げた。アンコールでは、力強いステージで再び会場を熱くした。「ありがとうございます! 」「また会いましょう! 」「愛してる~」と最後までファンに手を振り、ステージを後にした。

 それぞれ異なる魅力を持った「ONEUS」+「ONEWE」。デビュー前とは思えない見応えのあるステージを見せた、彼らの今後に注目だ。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.