Wコラム インタビュー

【イベントレポ】26日開幕カラム主演ミュージカル「GRIEF 7」、公開ゲネプロで意気込み語る「いままでの中で一番自信のある作品になりそう」

7つの大罪をテーマとしたオリジナルストーリーで、監獄で出逢った若者6人の心の葛藤をミュージカルで描いていく「GRIEF 7(グリーフセブン)」。
ミュージカル「グレイト・ギャッツビー」など数々の舞台演出を手掛けている錦織一清を演出に迎え、原作を小説「竹久夢二のすべて」「猫と裁判」で知られる野村桔梗、脚本を「Club SLAZY」シリーズで知られる三浦香が手掛けるなど最高のスタッフが揃い、出演者にはカラム、碕理人、SHUN(Beat Buddy Boi)、三浦海里、加藤良輔、米原幸佑ら個性豊かな面々が名を連ねている。

【画像】ミュージカル「GRIEF 7」公開ゲネプロ

 “この世”と“人”の闇に焦点を当てた、極上のエンターテインメントステージとして誕生した本作が、7月26日(木)東京・俳優座劇場にて初日を迎え、公演に先立ち、公開ゲネプロが行われた。

 ゲネプロでは、監獄を舞台に、それぞれが背負う深い悲しみ、罪などが次々と明かされながら、何かを抱えた男たちが少しずつ変わっていく、目が離せない物語が展開され、重いストーリーではあるが、キャストたちのハイクオリティな歌とダンスシーンなど多彩で華やかな楽曲の数々も披露された。

 本作では、アイドルを辞め、単身渡米の後、本物の歌手になるため、オーディション番組に挑戦していた中、番組プロデューサー殺害の容疑で刑務所に入れられてしまう日本人リュウ役を演じる主演のカラムが、安定したセリフ回し、見事な歌唱力、ダンスパフォーマンスで目をくぎ付けにするのはもちろん、ラッパーとしても活動するサム役SHUNの本格ラップ、ライタ・カワイ役を演じる加藤良輔の優しく包みこむようなバラード曲、グニョン役・碕 理人の自身の想いをぶつけたロックな曲など、キャスト全員が歌って踊る華麗なステージも見どころだ。

 さらに、客席に降りてパフォーマンスをするシーンもあるため、間近でその熱量が感じられるのもうれしい。

 ゲネプロ終了後には、ステージ上でフォトセッション、そしてキャストによるあいさつが行われた。キャストによるフォトセッションが終わってから、その列に合流した演出の錦織一清は、「平均年齢がグッと上がりますね(笑)」と会場を和ませた後、「ことしは梅雨明けの早い中、すごい暑い最中に、およそひと月間、稽古をしてきました。実はこのゲネプロが、初めて舞台の通し稽古を見る日となったので、きょうを楽しみにしていました」と明かした。

 続けて、「初日が開いた瞬間から、演出家というのは、いらない人間になるんですけど、これでバトンタッチができたらなと。いろいろ感想は僕の中でありますけど、荒削りのところも僕の好きなところですし、たとえお客様の前でバトンが落ちてしまっても、それを拾って必ず走ってくれれば、お客様もきっと喜ぶと思いますので、おそらくいいお客様がたくさんいらっしゃれば、このお芝居がすくすくと育っていくんじゃないかと思います。僕も一人のお客さんとして、これからの10公演、期待しています」とキャストにエールを送った。

 看守のムラセ役を演じる三浦は、「僕は基本一発出たら緊張しないんですけど、なぜかこの作品はずっと緊張しっぱなしです。とりあえず、千秋楽までの目標が、僕の顔がこんな感じで、弱そうに見えるんで、肩パットが入っているんです(笑)。その肩パットに頼らなくてもいい男になるように、精一杯10公演頑張りたいと思います! 」とユニークな目標を掲げ、SHUNは「あっという間の1か月間だったんですけど、みんなで一緒に作り上げてきたこの作品に、本当に愛情もありますし、あとは来ていただくお客様にこの作品を愛してもらえるように、楽しんでもらえるように、僕たちも精いっぱい全力で挑みたいと思います」と力強く語り、報道陣に対し、「“世界一のミュージカル”だと記事に書いてください」としっかりPRも忘れなかった。

 韓国人グニョン役の碕は「稽古が始まってから、顔合わせのときはすごく緊張したんですけど、あっという間だった気がします。お話自体は重たい話なんですけど、錦織さんの演出で、笑いが入っていたり、ダンスとか歌で、極上のエンターテインメントになっていると思います」と見どころを紹介し、「このメンバーだからこそできた『GRIEF 7』だと思います。それをきょう初日ですが、千秋楽まで皆さんに見に来ていただいて、最高だったなと思ってもらえるように僕らも精いっぱい頑張っていきますんで、応援よろしくお願いします! 」とコメント。
元外科医で、いまは心理カウンセラーというミステリアスな囚人役を演じる加藤は「いよいよだなって感じがしていて、(三浦)海里も言っていましたけど、ずっと緊張感のある舞台上というか、そういう雰囲気なので、いい緊張感を持って、そしてみんなでしっかりつないで、ラストまでいければいいなと思っております。最後まで皆さん、応援よろしくお願いします」とワクワクした様子を見せた。

 劇中で唯一、独自にコミカルな展開や歌を紡ぐエディ・フクダ役を演じる米原は「豪華でステキなスタッフ陣というか、脚本だったり、原作だったり、演出だったり、音楽だったり、そんなスタッフさんが集合してくれたこの『GRIEF 7』なので、そのスタッフさんに恥じないパフォーマンスを10公演しっかり届けられるよう、キャスト一同頑張っていこうと思っています。よろしくお願いします」と目を輝かせた。

 そして、最後に「きょうは本当に来ていただいてありがとうございました」とまずは取材陣に感謝の言葉を向けたカラムは「この中で1人だけ違うのはやっぱり国籍で、言葉のことでいろいろ僕なりに大変なこともありました。でも、錦織さんも含めて、皆さんから助けてもらって、今回こういうステキなミュージカルに出演することができて、とてもうれしいし、いままでいろんな舞台やミュージカルをやってきましたけど、一番安定できるというか。かなり稽古が長かったし、きちんとやったので、本当にいままで僕がやってきた作品の中で、一番自信のある作品になりそうだし、いろんな意味で本当に胸がいっぱいです」と自信を覗かせ、「きょうからスタートになりますけど、これからたくさんの皆さんに、早くいっぱい見せたいなという気持ちです。これから頑張って、頑張って、もっといいステキな作品になるよう、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います! 」と意気込んだ。

 牢獄の中に閉じ込められながら、自由と幸せを模索する男たち。牢獄の外にいながら不自由と罪を感じ生きる男たち。本当に罪人なのは誰か……。孤独になりきれない男たちが巻き起こす監獄ストーリー「GRIEF 7」は26日から31日まで上演される。

2018/07/27 22:55入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.