Wコラム インタビュー

【公演レポ】「TRCNG」、日本での初単独公演開催「ことしの夏は僕たちと一緒に、今までで1番暑い夏に」

ことし4月に日本デビューを果たした10人組ボーイズグループ「TRCNG」が、7月24日(火)東京・マウントレーニアホール渋谷にて、「TRCNG JAPAN 1st SHOW−THE FIRST IMPRESSION−」を開催した。

 日本デビューシングル「SPECTRUM」では、発売当日のオリコンデイリーシングルチャートで 7 位を記録し、7月25日には待望のセカンドシングル「GAME CHANGER」をリリースする「TRCNG」。日本活動の幅を広げる彼らの今後に注目が集まっている。

【画像】「TRCNG JAPAN 1st SHOW−THE FIRST IMPRESSION−」

 昼公演では、赤と黒で合わせたお揃いの衣装を着たメンバーたちが、1曲目「SPECTRUM (JAPANESE VERSION)」からアクロバティックで力強いパフォーマンスを見せ、勢いよく始まり、続けて「Utopia」を披露した。

 メンバーたちは「New Generation! こんにちは、僕たちは『TRCNG』です! 」とそろってあいさつ。続いて「ハヨンです。みなさんお元気でしたか? 」、「僕は白馬に乗ってきた王子様、ウヨプです。お姫様たち、とっても会いたかったです」、「おっちょこちょいの、シウです。今日という日を楽しみにしていました! 」、「僕は『TRCNG』のダンスのカリスマ、ハクミンです。実は今もすごくドキドキしています」、「僕は『TRCNG』の力強いナマケモノ、ヒョヌです。今日はファンのみなさんと一緒に、楽しい思い出を作りたいです」、「カンミンです。緊張とドキドキで昨日は全然眠れませんでした! 」、「かわいい担当、ジソンです。『SPECTRUM』、『Utopia』はいかがでしたか〜? 」、「ハニーフェイスのジフンです。みなさん、イベントはまだ始まったばかりです! 」、「ビジュアル担当、ホヒョンです。今日のためにたくさん準備したので期待してください! 」、「ヴァンパイアリーダーのテソンです。スペシャルな企画もありますので、楽しみにしていてください! 」とそれぞれ日本語であいさつした。

 早速、“「TRCNG」のTHE FIRST〇〇”と題したコーナーへと移った。まずは、“THE FIRST IMPRESSION”ということで、お互いの第一印象についてトーク。ハヨンは「ジソンさんの第一印象は、可愛い顔でした。でもラップがとてもパワフルでした。ビックリしました」とギャップがあったと言い、ジソンは「ハヨンさんに最初に会った時は、僕と反対の性格だなと思っていました。僕はすごく人見知りの性格なのですが、ハヨンは僕に近づいてきてくれました。最初すごく焦りましたけど、すごくうれしかったです」と思い返した。カンミンはシウについて、「最初は堂々として、シックでイケメンだなと思っていたのですが、控えめなところがあり、おっちょこちょいなところもあるんじゃないかな、という印象でした」と語った。

 お題に沿った話を30秒内に収めるサイコロトーク“THE FIRST CHALLENGE”には、1番手にテソンが挑戦。「理想の女性は〇〇な人」というお題に、「僕の理想のタイプは当然みなさんなんですけど、その中でも優しくて、可愛くて、愛嬌のある人がいいですね。結論を言いますと、やはりみなさんです」と時間内に上手くまとめ、ファンを喜ばせた。シウが出した目は、「実は、僕は〇〇な男です」。「実は僕は優しい男です。すごく親切で、お兄さんたちにも尽くしてあげますし、言うことも良く聞きます。そしてファンのみなさんを愛しています。一生一緒にいましょう! 」とファンへの想いを伝えながら、優しさをアピールした。ジフンは「1日だけ、〇〇になれるなら」というお題。「僕はテソンになってみたいです。身長が羨ましいからです。僕も背が高くなって、低い人をからかってあげたいですね(笑)」と理由を明かした。

 モグモグ写真を見ながら当時を振り返る“THE FIRST FOOD”では、食べ物を食べるメンバーたちの写真がスクリーンに映し出された。ホヒョンは、「全部美味しかったけど、つけ麺が1番美味しいです! 」と話し、ハヨンは「トンカツがほ〜んとに美味しかったです! その時すごく疲れてたのですが、一口食べるたびに『ああ…美味しい』となって、眠気が覚めたのを覚えています」と美味しさを表現した。ヒョヌは、「すごく大きな器で出てきたので、食べられるかな? と思っていたのですが、スープまで全部飲んでしまいました! 」と、うどんをあげた。

 続いては、2チームに分かれ、ジェスチャー伝言ゲーム“身振り手振りで伝えて”に挑戦。クジ引きにより、Aチームはジフン、ハクミン、カンミン、ジソン、ホヒョン。Bチームはハヨン、ウヨプ、シウ、テソン、ヒョヌとなった。
1問目から「GAME CHANGERを踊るペンギン」という難易度の高いお題で、苦戦するメンバーたち。「道端を歩いてたら初恋に出会ったナマケモノ」では、AチームもBチームも惜しい回答。そして、回答権が4番手のジフン、ヒョヌに移ると、なんと2人とも「ナマケモノを愛してる」と同じ答えを出すという奇跡が起きた。最後のお題では、正解に近い答えを導いたAチームにポイントが入り、ゲームはAチームの勝利となった。負けたBチームは、愛嬌ソングで罰ゲーム。5人揃って可愛いらしく愛嬌を見せ、観客を沸かせた。

 ホヒョンが「次は、今までお見せしたことのない、ユニットステージです! 」と紹介するとハヨンが「たくさん練習したので、期待してください! 」と呼びかけ、始まったのは、ジフン、ハヨン、テソン、ハクミン、ウヨプ、カンミンによるバラードステージ。「コブクロ」の「蕾」を感情的に歌い上げ、ファンを魅了した。ジソン、ヒョヌ、シウ、ホヒョンによるRAP Performanceでは、クールで力強いステージで熱い雰囲気に。ハヨン、テソン、カンミンは「Just I Love You 」も披露し、伸びやかな歌声で会場を包み込んだ。

 赤と白を基調とした衣装に着替えて、再びメンバーが揃うと、「DON‘T STOP THE DANCING (JAPANESE VERSION)」でエネルギッシュにパフォーマンス。そして「My Very First Love」へと続いた。
披露した「コブクロ」の「蕾」についてカンミンは、「練習生の頃から、みんなで歌っていた曲だったので、みなさんにお聴かせしたいと思い一生懸命練習しました」と話し、ラップパフォーマンスについては「4人で歌詞を作りました」とジソン。ホヒョンが「みんなで集まって、ハミングをしながら、日本語を入れたら楽しいかな〜などと考えながら、10分ほどで作り上げました」とエピソードも明かした。

 最後に公演の感想を、「今までの瞬間瞬間がとても楽しかったです! ありがとうございました」(ハヨン)、「次にまたお会いできる機会があればうれしいです。頑張るぜ」(ウヨプ)、「久しぶりにお会いできて気分が良いです。いつもお会いできれば良いですし、必ずお会いしたいと思います! 」(シウ)、「今回はユニット曲も披露しましたが、次もみなさんに喜んでいただける曲で素敵なステージを準備して、会いに来たいと思います」(カンミン)、「みなさんに更に完ぺきなステージを見せるために、最善を尽くして頑張ります! 」(ハクミン)、「久しぶりにお会いできて、ユニットステージでも良い反応をいただけて、うれしかったです。みなさんずっと一緒にいましょう」(ヒョヌ)、「今日のために一生懸命準備して、良いステージをお見せすることができたので満足しています。残りのステージも、みなさんと最後まで楽しめたらうれしいです」(ジソン)、「久しぶりにファンのみなさんに会えてうれしかったです。これからも楽しいステージをお見せするので、期待してください! 」(ジフン)、「みなさんに本当に会いたかったです。今日のステージ、僕たちも楽しむことができました。ありがとうございます。愛してます」(ホヒョン)、「たくさん盛り上がって、声援を送ってくれてありがとうございます。これからもスペシャルなステージを見せしていきたいと思いますので、たくさんの関心をお願いします」(テソン)と、1人ずつコメント。

 ラストは初パフォーマンスとなる「WOLF BABY (JAPANESE VERSION)」を披露し、ファンの掛け声も上がり、会場は熱気に包まれた。

 アンコールでは、7月25日発売の新曲「GAME CHANGER」でフレッシュなエネルギーを発散。翌日から始まるリリースイベントの告知もし、シウは「『GAME CHANGER』たくさん聴いて、応援してください! 」と、ウヨプは「ことしの夏は僕たちと一緒に、今までで1番暑い夏にしましょう! 」と呼びかけ、今夏の活動の期待を高めた。

 最後に会場のファンとともに記念撮影し、笑顔で手を振りステージを後にした。

2018/07/27 19:26入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.