Wコラム インタビュー

【イベントレポ】“美味すぎてクセになる”「B1A4」専属モデルのチーズタッカルビ専門店「ホンチュンチョン」メディアレセプション開催

5人組ボーイズグループ「B1A4」が専属モデルを務めているチーズタッカルビ専門店「ホンチュンチョン」の日本第一号店が7月1日、東京・新大久保にオープンした。

 韓国内だけで約170店舗ある人気店が満を持して日本に初上陸し、連日多くのお客さんで賑わっている。今回は、新メニューの試食会と称して7月17日(火)にメディアレセプションが行われた。


 JR新大久保駅を降りて右手に歩くこと約5分、そこに見えてくる赤い看板が目印。店のイメージキャラクターを務める「B1A4」のメンバーが笑顔で出迎えてくれる。店内は、テーブル席とソファ席を合わせて約30席。壁には、今時の女の子をイメージしたオシャレな絵が描かれており、流行に敏感な女の子たちにも来てもらいやすい店作りを心がけているそう。

 ここの看板メニューは、専門店ならではのとろ~り熱々チーズと旨辛いチキンが絶品なチーズタッカルビ(3~4人前3,720円)。チーズのまろやかさと、後からじわじわと来る辛さがクセになると評判だ。さらに、今回のレセプションでは、現在開発中という醤油味のチキンも登場。辛いものが苦手な日本人向けに考案した新フレーバーで、チーズとの相性もバッチリ。お願いすると同じ鍋で2つの味を堪能することもできるのがうれしい。

 ほかにもキムチ味の王餃子(5個590円)や海鮮チヂミ(1,100円)が、続々とテーブルに並んだ。長さ約10cmほどある大きなギョウザは、キムチの旨味が凝縮されていて食べ応え抜群。外はパリッ、中はモッチリとした食感が楽しめる海鮮チヂミも外せないメニューのひとつ。ほかにも暑い夏にさっぱりと頂ける水冷麺(980円)やチャプチェ(980円)も、忘れずに頼みたい。


 今後、新メニューとして提供予定のレインボーケーキも初お目見え。インスタ映え間違いなしのデザートの登場に、集まった記者たちも思わずカメラでパシャパシャと撮影していた。赤、オレンジ、黄色、緑、青の5層になったケーキは、フルーツのシロップを添えて提供される。クリームの甘さとシロップの甘酸っぱさが、辛さで疲れた口の中を癒してくれる。

 そして何よりもチョン社長さんをはじめ、イケメンスタッフの気遣いも最高で…ことしの夏は大流行中のチーズタッカルビを食べに、「ホンチュンチョン」に足を運んでみてはいかがだろうか。
また、店内で「B1A4」の数々の映像を見られるのも、本当にうれしい。

2018/07/19 22:43入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.